リディア・コが16勝目に王手 ダニエル・カンが4打差追走、野村敏京は68位T

リディア・コが16勝目に王手 ダニエル・カンが4打差追走、野村敏京は68位T

リディア・コが2年ぶりの勝利へ

<マラソン・クラシック 3日目◇8日◇ハイランド・メドーズGC(オハイオ州)◇6555ヤード・パー71>

米国女子ツアー再開2戦目の「マラソン・クラシック」3日目。首位スタートのリディア・コ(ニュージーランド)がこの日も好調をキープ。4バーディ・1ボギーの「68」で回り、トータル16アンダーで単独首位をキープした。


2018年4月に通算15勝目を挙げてから勝利から遠ざかっているリディアだが、ここで復活の優勝を目指す。

トータル12アンダーの2位に前週優勝のダニエル・カン(米国)。トータル10アンダーの3位タイにミンジー・リー(オーストラリア)とジョディ・エワート(イングランド)がつける。

日本勢でただ1人決勝ラウンドに残った野村敏京は一つ落とし、トータル1オーバーの68位タイとなっている。河本結、山口すず夏はすでに予選落ちとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>