“ツアー屈指の飛ばし屋”に“目指せ3連覇” タレント勢ぞろい、大混戦の優勝争いを制するのは!?

“ツアー屈指の飛ばし屋”に“目指せ3連覇” タレント勢ぞろい、大混戦の優勝争いを制するのは!?

チャンプは全米プロチャンプになれるか!?(撮影:GettyImages)

<全米プロゴルフ選手権 3日目◇8日◇TPC ハーディング・パーク(米国カリフォルニア州)◇7234ヤード・パー70>

今年初の海外メジャーは36歳のダスティン・ジョンソン(米国)が単独首位で最終日を迎える。そして、そのジョンソンを追うのはバラエティ豊かなタレントたちだ。


2位タイにつけるのは、すでにツアー2勝で屈指の飛ばし屋として知られるキャメロン・チャンプ(米国)。実力、飛距離は折り紙付き。初日は68位タイに沈んだが、そこから一気に挽回。初日を68位より下位からスタートして優勝を果たしたのは過去には1989年のペイン・スチュアート(故人)だけ(初日77位)。31年ぶりの快挙なるか。

同じく2位タイのスコッティー・シェフラー(米国)は、米下部ツアー2018-19シーズンの賞金王。今季がルーキーイヤーで弱冠24歳。大きな飛距離が武器で、3日目は8バーディ・3ボギーの「65」をマーク。とにかくスケールの大きいゴルフで一気に頂点を見据える。ちなみにチャンプも25歳。まずは若手二人がジョンソンに待ったをかける。

ジョンソンと2打差の4位タイにはブルックス・ケプカ(米国)とポール・ケーシー(イングランド)。ご存じケプカは大会3連覇がかかっており、過去に本大会で達成しているのはウォルター・ヘーゲンが1920年代に4連覇を達成して以来。メジャーしか興味がないとまで豪語するビッグマウスの逆転劇にも注目。

そして、今大会が行われている米国西海岸出身の選手の活躍も話題となっている。チャンプはコースから1時間ほどのサクラメント出身。ケプカと同じく4位タイにつける日系4世のコリン・モリカワ、7位タイのブライソン・デシャンボー、13位タイのザンダー・シャウフェレ(いずれも米国)といった活きのいい若手たちはみなカリフォルニア出身。湿気を含んだポアナ芝のイメージが強い同州のコースでの戦いに慣れているということか。

ジョンソンと5打差以内に20人。ここには中国人のハオトン・リー、松山英樹、キムーシウー(韓国)のアジア勢に加え、オーストリア、フランス、イングランド3人の欧州勢と国際色豊か。意外とメジャーは1勝(16年全米オープン)しかしていないジョンソンが簡単に逃げ切りを果たすとは思えない。このあと日本時間の深夜にスタートする上位陣の動きから、間違いなく目が離せない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)