<速報>松山英樹はトータル4アンダーで後半へ 首位とは6打差

<速報>松山英樹はトータル4アンダーで後半へ 首位とは6打差

松山英樹がハーフターン(撮影:GettyImages)

<全米プロゴルフ選手権 最終日◇8日◇TPC ハーディング・パーク(米国カリフォルニア州)◇7234ヤード・パー70>

海外メジャーの「全米プロゴルフ選手権」の最終ラウンドが行われている。トータル4アンダー・18位タイから出た松山英樹がトータル4アンダーで折り返している。


松山はバーディ発進を決めるも、2番パー4で3オン2パットのボギーで後退。前半を1バーディ・1ボギーの「35」でラウンドし、現在首位とは6打差。後半のチャージに期待がかかる。

トータル10アンダーの単独首位にはダスティン・ジョンソン(米国)。首位と1打差・2位タイにブライソン・デシャンボーとスコッティ・シェフラー(ともに米国)が続いている。

そのほか、タイガー・ウッズ(米国)は「67」でホールアウトして、トータル1アンダー・36位タイ、昨年覇者のブルックス・ケプカ(米国)は現在トータル6アンダーでプレー中となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>