勝みなみのバッグに『ZX』と刻印された2本の5番アイアン 「全英は風が強いので、ユーティリティを抜きます」

勝みなみのバッグに『ZX』と刻印された2本の5番アイアン 「全英は風が強いので、ユーティリティを抜きます」

左の『ZX5』のほうがソール幅が広くなっている(撮影:福田文平)

8月20日に開幕する今季初めての海外女子メジャー「AIG女子オープン」(昨年の大会名は「全英AIG女子オープン」)。この大会に出場する勝みなみのキャディバッグには見慣れないアイアンが2本入っていた。どちらも5番アイアンで、ヘッドにはそれぞれ『ZX5』と『ZX7』と刻印されている。


昨年、勝は「全米女子オープン」と「全英AIG女子オープン」の2つの海外メジャーに出場した。22位タイに入った全米では「コースの地面が硬かったり、アプローチとかもすごく難しくて、いろんなアプローチを使ったので良かったです」と振り返る。

そして、35位タイだった全英では「コースの雰囲気が日本のゴルフ場に近くて、日本にいるような感覚でラウンドできました。だけど、グリーンが大きくてアンジュレーションがすごかった。外国の選手のキャディさんとのやりとりとか、指を差しているところを見て、ラインの読み方が勉強になりました」と試合の中で対応した。

勝が言うように、昨年の全英女子オープンが行われたウォーバーンGC・マルケスコースは、日本の林間コースに近かったが、今年の舞台は、本格リンクスコースのロイヤルトゥルーンGC。スコットランドの西海岸に位置し、過去9度の「全英オープン」が行われている歴史のあるコースだ。直近では16年の「全英オープン」の会場となっていて、スウェーデンのヘンリック・ステンソンがトータル20アンダーで優勝している。

リンクス特有の強い海風に対応するために勝が試していたのが、2本の5番アイアンだった。「今年の全英のコースは風が強そうなので、ボールを低く抑えるために新しいアイアンを試しています。5番ユーティリティを抜いて5番アイアンを入れるか、4番ユーティリティを抜いて、5番ユーティリティと5番アイアンを入れることも考えています」。

現在、勝のセッティングはウッドがドライバー、3W、5Wの3本、ユーティリティが4U、5Uの2本、アイアンは6番からとなっている。5Uの飛距離は175ヤード、5Iの飛距離は170ヤードと距離の差は近いが、あえて両方入れて風の強さによって弾道を打ち分ける作戦も考えている。

2本の5番アイアンに刻まれていたのは『ZX5』と『ZX7』。まだ市場には出ていない新モデルで、18年に発売されたスリクソンのポケットキャビティの『Z585』と、セミキャビティの『Z785』の後継だと思われる。

勝は6番からPWまでは、19年に発売されたマッスルバックの『Zフォージド』を使用しているが、新しいシリーズではマッスルバックのラインナップがないため、キャビティタイプをテストしていたようだ。2本の5番アイアンのうち、「向こうでどっちを入れるか考えます」と勝はいう。

来週から「アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン」と、「AIG女子オープン」のリンクス2連戦に挑む19年全英女子覇者の渋野日向子も、「風が強いので低い球の練習をやってきました」と空のハザードを警戒する。

「全英では予選を通過することが目標で、あとはできることを全力でやって、いろんなものを吸収して帰ってきたい」という勝。日本にはない未知のコースとの戦いは、もう始まっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)