「全米アマチュア選手権」で珍事 キャディのミスで敗退のハプニング

「全米アマチュア選手権」で珍事 キャディのミスで敗退のハプニング

白熱の戦いは思わぬ形で決着(写真は2019年大会)(撮影:GettyImages)

今週は「全米アマチュア選手権」がオレゴン州のバンドンデューンズゴルフリゾートで開催。多くの大会が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止を余儀なくされる中、決行された数少ないアマチュア選手権だ。


ストロークプレーで上位に入った選手はマッチプレーに進出。現地時間13日にはクオーターファイナル進出を懸けた8マッチが行われたが、キャディの不用意なミスから選手が敗退するという出来事があった。

セグンド・オリバ・ピント(アルゼンチン)とタイラー・ストラファシ(米国・ジョージアテック)との対戦は白熱のシーソーゲームだった。12番を終えてストラファシが2アップも、ピントが13、16番を取ってイーブンで戦いは最終ホールへ。18番パー5、第3打をグリーンサンドのバンカーへ入れたピントは、グリーン上へラインの確認に行き「どうやって寄せてパーにするかを考えていた」。

しかし、その間にあろうことか、ピントのキャディがバンカーに入りうずくまって砂に手を触れるという行為があった。それは対戦相手のストラファシの父が目撃、またTV放映をしていた米ゴルフチャンネルでも映し出された。これは規則12.2bの「選手、またはキャディが砂の状態をテストする目的で手、クラブ、レイキなどで砂に触れること」に抵触し、マッチプレーではそのホールを失う(ストロークプレーでは2罰打)。二人のマッチはタイで18番を迎えており、このホールを失ったピントの敗退が思わぬ形で決まってしまった。

ルールオフィシャルが呼ばれてプレーは中断。裁定を仰ぐことになったが、キャディは「砂には触っていない」と強弁したものの、映像はその姿をはっきりと捉えていた。結局、キャディは最後まで理由を告げずにコースを立ち去った。

「今とはなっては何を聞いても事態は変わらない…」とピントはショックを隠しきれない。18ホールまでもつれた良い戦いだっただけになんとも残念な終わり方だった。

勝ったストラファシは「この勝利を生かすために、明日以降も勝ち続けたい」。いよいよ14日はクオーターファイナル。決勝ファイナルは16日に開催される。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>