苦手克服へクラブチェンジ 淺井咲希はパー3攻略にロングアイアン投入

苦手克服へクラブチェンジ 淺井咲希はパー3攻略にロングアイアン投入

好発進を決めた淺井(撮影:ALBA)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日◇14日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6710ヤード・パー72>

昨年8月の「CAT Ladies」でツアー初優勝を挙げた淺井咲希が4アンダー・5位タイの好発進を決めた。ホールアウト後には「いいショットを打った時に決められました」と笑顔を見せた。


今季からのセッティング変更が生きた。昨季のパー3平均スコアは84位で、パー4の27位、パー5の29位と比べて大きく低迷。そこで元々苦手だったという4番、5番のユーティリティを抜いて、3番ユーティリティと5番アイアンをバッグインした。そのロングアイアンが初日からハマった。

バーディを1つ奪って迎えた3番パー3(183ヤード)。その5番アイアンを握って放ったティショットは「イメージ通りの球が出た」とピン4メートル。このパットを沈めて連続バーディを奪取。「前半でバーディを獲れたのでいい流れを作れた」と、新兵器が好発進へのリズム作りに一役買った。

開幕戦となった「アース・モンダミンカップ」から約1カ月半。新しいことに挑戦しているという淺井。特にパッティングに課題を見つけたというが、「細かいことは内緒です(笑)」と詳細な回答は避けたが、「今はスコアや順位よりも取り組んでいる課題に集中していました。ギリギリやり終えたという感じですね」と順調な様子。「2日目もスコアよりも課題をクリアすることを考えて回りたい」とまずは目の前の一打に集中する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>