<速報>笹生優花らルーキーが活躍の第2戦、2日目がスタート 安田祐香は巻き返せるか

<速報>笹生優花らルーキーが活躍の第2戦、2日目がスタート 安田祐香は巻き返せるか

安田祐香は巻き返せるか(撮影:米山聡明)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇15日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6710ヤード・パー72>

昨年プロテスト合格のルーキーが早速存在感を示している、今季2戦目の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」。午前8時に第2ラウンドがスタートした。


初日を終えて7アンダー・単独首位に立ったのはルーキーの笹生優花。プロ初戦となった6月の「アース・モンダミンカップ」に続き、2戦連続の首位発進と実力を示している。ジャンボこと尾崎将司を師に持ち、飛距離が持ち味の大型ルーキーは、10時33分にティオフする。

2打差・2位タイから笹生を追うのは、前田陽子、工藤遥加、青木瀬令奈。35歳のベテラン前田は、5年ぶりの優勝に向け好発進。工藤はツアー初優勝、青木は2017年以来の優勝に向けて大型ルーキーを追走する。

開幕戦に続き、活躍を見せているのが同じくルーキーの西郷真央。アース・モンダミンカップでは優勝争いを演じて5位タイ。本大会でも首位と3打差・位タイ発進と、再び優勝争いに絡むべく好スタートを切っている。

一方で、やや出遅れてのスタートとなったのがホステスプロの安田祐香。インスタートの第1組からティオフし、イーブンパー・47位タイから巻き返しを目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>