「仮登録」プロ卒業へ プラチナ世代・後藤未有が首位タイ浮上

「仮登録」プロ卒業へ プラチナ世代・後藤未有が首位タイ浮上

後藤未有に“正式なプロ”になるチャンスが到来した(撮影:米山聡明)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇15日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6710ヤード・パー72>

プロテスト、そしてファイナルQTと苦杯をなめた19歳が、大チャンスを得た。後藤未有がこの日2番目の好スコア「66」を叩き出し、トータル8アンダーの首位タイに浮上した。


5打差の26位タイから出た後藤は、2番で2m、3番で4mを沈めて連続バーディを奪うとアクセル全開。折り返し後の10番、11番、そして14番、15番とこの日3度の連続バーディに加えボギーなし。「今日は安定したプレーができた」とリーダーボードの一番上まで駆け上がった。

安田祐香、吉田優利らと同級生のいわゆる“プラチナ世代”。後藤も2018年の「日本女子オープン」でローアマチュアに輝くなど、アマチュア時代から活躍を見せた。しかし初受験となった昨年のプロテストで1打足らずに不合格。『合格ラインから2打差以内』の選手は、その資格で単年登録ができるルールに救われ、今季の出場権をかけたQTへの出場権は手にした。だがこのファイナルQTでも、初日に「77」を叩くなど64位に終わった。そしてこの結果、レギュラーツアー前半戦の出場権をつかむことはできなかった。

「(プロテストは)同級生が合格するなかで1打足りず悔しかった。単年登録では、周りから“プロ”と呼んでいいのか分からないという反応をされることが多い。その時に1打どうにかならなかったのではと考えてしまいますね。仮登録という感じです」

QTの結果、今季はステップ・アップ・ツアーが主戦場となるはずだった。それを踏まえて、翌年のレギュラーツアー前半戦出場権が手に入る「ステップ賞金女王」を目標に掲げたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会中止が相次ぐなど状況は大きく様変わりした。

そのため、目標も「出られる試合にできる限り出てシードに入る。そして来年勝ちたい」と修正した。宣言通り優勝、もしくはシード権を得ることができれば、プロテストを受けずとも正会員になれるという副産物を得られる。今大会は主催者推薦をもらっての出場。「数少ないチャンスをつかんでいけるかが大事」。この試合の重みは大きい。

そして、そのチャンスが早くもやってきた。「今までアマの試合などでは“優勝は意識していない”と言ってきましたが、今回はがっつり意識していきたい。意識して勝てなければ今後も勝てない。ショットがいいのでバンバン攻めて、スコアを伸ばしてきたいと思います」。アグレッシブなプレーで、“プロ”への道を切り開く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>