若林舞衣子が“ママ優勝”に弾み付ける2位!「子どもが理解できるまで頑張りたい」

若林舞衣子が“ママ優勝”に弾み付ける2位!「子どもが理解できるまで頑張りたい」

ママさんVも近い? 「64」をたたき出した若林舞衣子(撮影:米山聡明)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇16日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6710ヤード・パー72>

今季国内女子ツアー2戦目となった「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」最終日はバーディ合戦に。そんななか、産休制度を利用して今季からツアーに復帰している若林舞衣子が「64」を叩き出し、トータル12アンダー・2位タイでフィニッシュ。惜しくも優勝には届かなかったが、2017年「アクサレディス」での“ミセス優勝”に続く、“ママ優勝”に向けて大きな弾みをつけた。


23位タイからのスタートだったが、出だしの1番から3連続バーディを奪うとアクセル全開。ボギーを挟んで2つバーディを重ねると、折り返してからも10番、11番、そして13番、14番と2度の連続バーディをマークし、最後まで優勝した19歳・笹生優花にプレッシャーをかけた。

若林は16年3月に一般男性と結婚。18年シーズンの「ニトリレディス」を最後に産休に入っていた。同年のシーズンをシード選手として戦っていたため規約に則り、復帰年となる20-21年シーズンはシード選手として競技に出場している。

「産後すぐは本当に廃人になったようで、体が別物に感じました。まともに歩くこともできなかったですね。1カ月たってから球を打ち始めましたが、体重も10kgくらい増えていたので、キレのある動きができない状態でした」

そこからスイング改造に着手。軌道を修正して、強かったドローの曲がり幅を狭めるようにした。練習は子どもを預けている間だけ。思うように時間は割けなかったが、「ミスの範囲が前よりは少なくなった」と開幕戦となった「アース・モンダミンカップ」から手応え十分。そして今回の結果につなげた。

試合期間中は姉に子供を預けているという。「毎日、姉から動画や写真を送ってもらっていた。見て頑張りました」とパワーの源になっているが、1つ気になることが。「試合中継を息子に見せようとしても見てくれないと言っていました。それどころか消された、と(笑)。まだ理解できないと思うのですが、理解できるようになるまでは頑張りたいと思います」。子どもに応援してもらえるその日まで、“ママさん”ゴルファーは戦い続ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>