畑岡奈紗、野村敏京ともに12位T S・ルイスが母となって初優勝

畑岡奈紗、野村敏京ともに12位T S・ルイスが母となって初優勝

ステイシー・ルイスが3年ぶりの勝利、13勝目、ママ初V(撮影:GettyImages)

<アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン 最終日◇16日◇ザ・ルネッサンスクラブ(スコットランド)◇6427ヤード・パー71>

米国女子ツアーの「スコットランド女子オープン」最終日。日本勢注目の畑岡奈紗は4バーディ・4ボギーの「71」で回り、トータル1アンダーの12位タイで大会を終えた。


野村敏京は前半からバーディを重ねたが、終盤に2つ落とし、4バーディ・2ボギーの「69」。畑岡と同じくトータル1アンダーの12位タイでフィニッシュした。

トータル5アンダーで並んだステイシー・ルイス(米国)、エミリー・ペダーセン(デンマーク)、アサハラ・ムノス(スペイン)、シャイアン・ナイト(米国)がプレーオフに突入。ひとホール目でバーディを奪ったルイスが3年ぶり13勝目、母となってはじめての勝利を飾った。

3週連続優勝を目指したダニエル・カン(米国)は追い上げ実らずトータル4アンダーの5位タイに終わった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>