ツアー屈指の大砲も新生飛ばし屋の優勝を祝福 葭葉ルミは「あそこまで伸ばすのは並大抵の努力ではない」

ツアー屈指の大砲も新生飛ばし屋の優勝を祝福 葭葉ルミは「あそこまで伸ばすのは並大抵の努力ではない」

トップ10フィニッシュを決めた葭葉ルミ(撮影:米山聡明)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇16日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6710ヤード・パー72>

同伴競技者の藤田さいきに「PGAツアーの選手と回っているようだった」と評された19歳の新生飛ばし屋・笹生優花の優勝の裏で、ツアー屈指の大砲も好感触をつかんだ。葭葉ルミが「予想以上にいいところでプレーできた」とトータル8アンダーの8位タイに入った。


優勝した笹生に「あそこまで伸ばすのは並大抵の努力ではないので、優勝した笹生選手はすごいと思います」と祝福のメッセージを送った葭葉が、特に手ごたえを感じたのが、オフから取り組んできたアプローチ。「しっかり拾えるようになった。感覚を身について、うまく活用できたのでしっかり結果につながった」とトップ10フィニッシュに大いに貢献した。

次戦の「ニトリレディス」も今大会と同じく洋芝。「久々にアプローチよかったです。次のトーナメントも洋芝なので、試合でできたことをやりたい」と渡邉彩香、笹生と続く飛ばし屋優勝に続きたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>