<速報>4カ月遅れの今季ステップ初戦がスタート 後藤未有ら軽井沢上位の面々が参戦

<速報>4カ月遅れの今季ステップ初戦がスタート 後藤未有ら軽井沢上位の面々が参戦

後藤未有ら軽井沢上位の面々が多数参戦!(撮影:米山聡明)

<rashink×RE SYU RYU/RKBレディース 初日◇18日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6332ヤード・パー72>

国内女子下部ツアー(ステップ・アップ・ツアー)の今季初戦がいよいよ開幕。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が大幅に遅れていたが、18日(火)からの「rashink×RE SYU RYU/RKBレディース」でようやくスタートを切った。本大会はこれまでのレギュラーツアーと同じく無観客で実施される。


福岡カンツリー倶楽部を舞台に午前8時にティオフ。前週のレギュラーツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」を14位タイで終えた植竹希望、井上りこ、吉野茜、吉本ここねが第1組でスタートしている。

昨年覇者の吉川桃は、アウトスタートの最終組からスタート。NEC軽井沢72ゴルフトーナメントで2日目に首位タイに立った“プラチナ世代”後藤未有、藤本麻子、西山ゆかりと初日を戦う。

そのほか、堀奈津佳・琴音姉妹も参戦。琴音はNEC軽井沢72ゴルフトーナメントに続いて今季2戦目、奈津佳は今季初戦に挑む。

前週の軽井沢で活躍を見せたベテランの前田陽子、サイ・ペイイン(台湾)も出場。今週は下部ツアーに舞台を変え、2人は木戸愛、仲宗根澄香とともに同組でしのぎを削る。4カ月遅れで迎えた開幕戦のタイトルをかけて、2日間の戦いが幕を開けた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>