「かなり焦っていた」黄金世代・植竹希望がツアー初優勝

「かなり焦っていた」黄金世代・植竹希望がツアー初優勝

黄金世代・植竹希望がツアー初優勝!(撮影:福田文平)

<rashink×RE SYU RYU/RKBレディース 最終日◇19日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6332ヤード・パー72>

今年も開幕戦から黄金世代の強さが光った。今季ステップ・アップ・ツアー初戦「rashink×RE SYU RYU/RKBレディース」を制したのは、トータル9アンダーまで伸ばした植竹希望だった。


初日を終えて首位とは3打差も11位タイ。混戦模様となったが、前半で3つ伸ばし流れをつかむと、勝負を分けたのは8アンダーで4人が並んで迎えた17番。「17番グリーンから速報ボードが見えたんです。これを入れれば抜け出せる」。強い思いを胸に4mを沈めてこの日6つ目のバーディ。終盤で頭一つ抜け出しトロフィーをつかみ取った。

植竹は1998年度生まれの“黄金世代”。勝みなみ、畑岡奈紗ら同い年がどんどんと羽ばたいていくなか、自分はなかなかうまくいかない。「アマチュアの時は予選通過していたのに、プロになってからステップでも予選落ちが続いて、かなり焦っていました」。転機になったのは、昨年のステップ・アップ・ツアー、「京都レディースオープン」だった。

「それまではゴルフの組み立て方がわからなかった。課題もこなしていたけど、ためになっているかも分からず毎日悩んでいました。松澤知加子さんに自分の考えていることが合っているか、答え合わせをしていただいて、ようやく正しい方向に進めるようになった」

ピン位置によってフェードとドローの球筋を打ち分けるように練習した。さらに自粛中には筋トレで6キロ増えて飛距離も1番手変わってきた。「いまはすべてが良い方向に向かっていて悩みもなくなりました」。その成果は今季出場したレギュラーツアー2試合で38位タイ、14位タイと予選を突破していることからもうかがえた。そして今回の優勝へと結びついた。

次戦は来週行われるレギュラーツアー「ニトリレディス」。「今回の優勝で自信も付きました。レギュラーツアーでのシード権獲得が来年までの目標ですが、ニトリレディスでも優勝を狙えるように頑張りたいです」。軽井沢ではテレビ解説を務めていた永久シード選手・森口祐子にも「いい選手」と言われた22歳。同級生に追いつけ追い越せでレギュラーツアーでも活躍を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>