09年から14回連続出場 ローリー・マキロイが目指す大偉業

09年から14回連続出場 ローリー・マキロイが目指す大偉業

マキロイがグランド・スラムに挑む(大会提供)

<マスターズ 事前情報◇6日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

プロ転向からスター街道を歩んできたローリー・マキロイ(北アイルランド)が、大偉業に向けて突き進む。これまで4大メジャー大会は「全米オープン」、「全英オープン」、「全米プロゴルフ選手権」を制し通算4勝。いまだ届いていないのが「マスターズ」のタイトルだ。


5月に33歳の誕生日を迎えるマキロイは、すでにベテランといってもいい。アマチュア時代から注目を浴び、プロ転向後早々に勝利を挙げると、ここまでゴルフ界を引っ張ってきた。そんなマキロイが今ほしいのは、グリーン・ジャケットだ。

4大メジャーをすべて制覇すればキャリア・グランド・スラムを達成。これはベン・ホーガン、ジーン・サラゼン、ジャック・ニクラス、タイガー・ウッズ(いずれも米国)、そして南アフリカのゲーリー・プレーヤーしか果たせていない偉業。王手をかけてから、実に8年が経過しようとしている。

11年全米オープン、12年全米プロ、14年に全英オープンと全米プロを制してからのマキロイは、このマスターズ勝利を渇望してきた。毎年4月のこの時季には、マキロイのグランド・スラムが話題にあがる。プレッシャーとの戦いもありつつ、今年はどのようなプレーを見せるのか。

「いまはプレッシャーは少ないよ」と意外な言葉をもらす。14年のメジャー連勝を経て、15年の本大会では3連勝とグランド・スラム達成という大記録がマキロイのプレッシャーを最高潮に引き上げた。「あのころはゴルフがすべてだった」と世界中の期待を背負っていた当時を振り返る。「でもいまは違って、人生はゴルフだけではないと思える。ただコースに出て、自分のできることをやるだけだよ」。

15年の本大会では優勝を争いながら4位フィニッシュ。そして、これがマスターズでの最高成績となった。グランド・スラムへの挑戦は今年で8回目。以後はこの4位という成績を上回ることはできていないが、重圧もなくなり円熟味を増したいまだからこそ、自然体で臨むマスターズへの期待は高まる。

前週は「バレロ・テキサス・オープン」に出場。これまではマスターズ前週は出場をスキップしていたが、今年はルーティンを変えてみた。プレッシャーは少ないとしながらも、8年間遠ざかるメジャータイトルへの意欲はもちろん消えていない。だからこそのルーティン変更だった。残念ながら予選落ちとなってしまったが、「悪かった結果から学ぶことは多い」と、この結果をも前向きに捉える。

20年8月には長女も生まれ、父としての顔も見せる。「子どもができると、パー3コンテストが今週のハイライトになるんだね」と、今年は水曜日に行われるパー3コンテストに長女をともなって出場する予定。6人目の偉業達成に向けてリラックスムードのマキロイが、まもなく挑戦の一歩を踏み出す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>