「そんなに暗いものだと思ってない」 松山英樹が首痛の不安吹き飛ばすフルスイング

「そんなに暗いものだと思ってない」 松山英樹が首痛の不安吹き飛ばすフルスイング

月曜日の練習ラウンドではしっかりと振る松山の姿があった(撮影:GettyImages)

<マスターズ 事前情報◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

松山英樹が現地時間5日に行われた公式会見に出席。3月の「アーノルド・パーマー招待」2日目に発症し、先週の「バレロ・テキサス・オープン」の棄権の原因にもなった首痛についての状態を明かした。


「去年ここで勝ったあと、ZOZO(チャンピオンシップ、昨年10月)、ソニー(・オープン・インハワイ、今年1月)で優勝することもできてとてもいい1年だった」とマスターズ制覇からここまでを振り返った松山。ただ、その後に「最近はあまりうまくいっていない。心配な部分もありますが、今年もいいプレーができるように頑張りたい」という言葉も続いた。

その“不安”は、回復の具合が正確に測れないことも大きい。先週も月曜日、火曜日はしっかりと練習できたものの、水曜日になって突如痛みが襲った。それが棄権につながったこともあり慎重な態度は崩せない。

「フルショットができなかったので、どういう状況か把握しきれていない」とゴルフの状態もはっきりつかめないというのが本音のようだが、それでも5日の練習では「しっかり振り切ることができた」と安心材料を手に入れた。会場入りした3日はコースチェックメインの調整。前日は金谷拓実、中島啓太と練習ラウンドを行ったが、フルスイングの感覚はオーガスタ3日目にしてようやく戻ってきた。

この日は雷雲と雨の影響で、コースが午前中だけでクローズになった。それもあって練習場のみの調整になったが、「そんなに(状態は)暗いものだと思ってない。残りの時間を有効に使っていきたい」と不安も薄れている様子。開幕まで残り1日でしっかりと仕上げていく。

「スタート前に『マスターズチャンピオン』と言われるのが一番うれしい。ただ、それも先週が最後だったので寂しい。また勝てばそう呼ばれので頑張りたい」。万全の状態で開幕を迎え、史上4人目の連覇に向かいたい。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>