久々復帰タイガー・ウッズの仕上がりに驚愕 松山英樹は「悪い状態ではない」【今田竜二のマスターズ現地リポート】

久々復帰タイガー・ウッズの仕上がりに驚愕 松山英樹は「悪い状態ではない」【今田竜二のマスターズ現地リポート】

今田竜二も驚愕! タイガー・ウッズは復帰戦へ「仕上がっている」(撮影:GettyImages)

<マスターズ 事前情報◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

松山英樹が「マスターズ」で劇的な優勝を果たしてから1年。今年も現地時間7日(木)にオーガスタでの熱戦が幕を開ける。日本からはディフェンディングチャンピオンの松山のほか、金谷拓実、アマチュア中島啓太の3人が出場。また、タイガー・ウッズ(米国)も昨年の自動車事故から復帰となり、話題はもりだくさん。今年TBSのテレビ中継ラウンド解説を行う米国男子ツアー1勝の今田竜二に現地情報、選手の状態、見どころなどを1週間リポートしてもらう。


■月曜日は70〜80%、火曜日は振れていた

史上4人目の連覇がかかる松山は、今年3月の「アーノルド・パーマー招待」2日目に首痛を発症した。第5のメジャーと呼ばれる「ザ・プレイヤーズ選手権」は初日スタート前に棄権。先週の「バレロ・テキサス・オープン」は2日目に途中棄権と心配な状態が続いている。

月曜日、火曜日と松山を見た今田は、「首の痛みもあってか月曜日は70〜80パーセントぐらいの振りに見えましたが、火曜日は結構振れていたので、よくなっているのではないでしょうか。振れているときのショットはけっこういい感じなので、ゴルフの状態としては悪くないと思います」と話す。

例年と違うのは前年覇者として迎えること。「チャンピオンズディナーやメディア対応など、歴史ある大会のディフェンディングチャンピオンとして“仕事”が多いのは確か。例年通り調整する難しさはあると思います」と喜ばしい仕事ではあるが残り1日、いい調整をして初日を迎えて欲しいという。

■82勝目を挙げたZOZOよりショットの状態はいい

また、昨年2月に自動車事故で右脚に重傷を負ったタイガー・ウッズが過去5勝を挙げているマスターズで公式戦に復帰するが、今田はその仕上がりぶりに驚いた。「すごく振れています。ショットはいい感じです。僕が思っていた10倍仕上がっています。神様は健在ですね」。久しぶりに見たタイガーは、やはりタイガーだったという。

2019年に日本開催となった「ZOZOチャンピオンシップ」でタイガーはサム・スニード(米国)に並ぶ米国男子ツアー通算82勝目を挙げている。今田は当時もラウンド解説をしていたが、「ZOZOの時より仕上がっています。あの時はスライスしか打てない状態でしたが、今はスライスもフックもドローもしっかりコントロールできています」と、仕上がったからこそ、調整ではなくしっかり戦いに来ていると推測する。

懸念点は2つ。「開催コースのオーガスタナショナルGCはPGAツアーの中で最もアップダウンのあるコースなので、足に負担がかかります。本人もタフな挑戦になると言っていますが、4日間歩いてスイングに影響が出るほどの痛みが出ないかどうか。そして試合勘です。1年半、実戦から遠ざかっているのはさすがのタイガーにも影響はあると思います」。右脚への負担、そしてツアー出場は2020年11月の「マスターズ」以来となる。患部とブランクが気になるところだ。

ただ、「何かをやってくれるのではないか」と期待を感じさせるショットの仕上がり。過去5勝の庭ともいえる大会で十分に存在感を発揮してくれそうだ。

■今田竜二
いまだ・りゅうじ/1976年10月19日生まれ、広島県出身。テレビで見た「マスターズ」に憧れて、14歳で単身渡米。アマチュア時代の米国ランキングはタイガー・ウッズに次ぐ2位。下部ツアーを経て2005年から米国男子ツアーに参戦。2008年「AT&Tクラシック」で日本人3人目の米国男子ツアー優勝を遂げ、翌09年に憧れのマスターズに出場した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>