気まぐれなオーガスタの女神に翻弄され、アマ6人全員が予選落ち 2年連続ローアマ該当者なし

気まぐれなオーガスタの女神に翻弄され、アマ6人全員が予選落ち 2年連続ローアマ該当者なし

上段左から時計回りに中島啓太、オースティン・グリーザー、アーロン・ジャービス、レアード・シェパード、スチュワート・ハゲスタッド、ジェームズ・ピオット(撮影:GettyImages)

<マスターズ 2日目◇8日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7510ヤード・パー72>

出場したアマチュア選手で、もっとも成績が上位だった選手に与えられるローアマチュアのタイトル。1995年の「マスターズ」ではタイガー・ウッズ(米国)が、99年大会ではセルヒオ・ガルシア(スペイン)が、2011年大会では、初出場の松山英樹が27位タイでローアマを獲得した。3人とものちにマスターズチャンピオンに名を連ねることになる。


しかし今年は、アマチュア世界No.1の中島啓太をはじめとする出場したアマチュア6人全員が予選落ちしたため、該当者なし。松山が優勝した昨年大会でも全員予選落ちしたため、2年連続でローアマチュアは出なかったことになる。

今大会に出場したアマチュアの成績を上位から見ていくと、21年アジアアマ優勝の資格で出場権を得た21歳の中島啓太と、21年全米アマ準優勝の資格で出場した21歳のオースティン・グリーザー(米国/世界アマチュアランク25位)はトータル7オーバーでカットラインに3打足りず。

続いて、22年南米アマ優勝の資格で出場した19歳のアーロン・ジャービス(ケイマン諸島/世界アマチュアランク825位)と、予選2日間を松山と同組で回り、21年全米アマ優勝の資格で出たジェームズ・ピオット(米国/世界アマチュアランク60位)はトータル11オーバーで予選落ち。

21年全米ミッドアマ優勝の資格で出場した30歳のスチュワート・ハゲスタッド(米国/世界アマチュアランク16位)はトータル16オーバー、21年全米アマ優勝の資格で出場の24歳、レアード・シェパード(イングランド/世界アマチュアランク47位)はトータル22オーバーで決勝ラウンド進出ならず。ハゲスタッドは17年大会で36位タイに入り、ローアマを獲得していたが、今回は跳ね返された。

中島は初日イーブンパーで松山と同じ19位タイとまずまずのスタート切ったが、この2日目はオーガスタの気まぐれな風に悩まされて、バーディなしの「79」とスコアを落とした。ホールアウト後のインタビューでは「バーディを獲れなくて、チャンスも少なくて、ピンチが多くてすごく苦しいラウンドになりました」と振り絞った。

予選通過圏内のトータル2オーバーで迎えた難関12番パー3(実測156ヤード)では、8番アイアンで打ったティショットをグリーン奥の茂みに打ち込みアンプレヤブル。ダブルボギーで一気に後退した。「あれだけ短いパー3なのに、何でこんなに難しいんだろうなと思って…悔しかったです」と中島。12番では初日はボギー、この2日目はダブルボギーと、オーガスタの女神は微笑まなかった。

苦しんだのはアマチュアだけではない。マスターズ優勝経験のあるザック・ジョンソンやジョーダン・スピース(ともに米国)に加え、ザンダー・シャウフェレ、ブルックス・ケプカ、ブライソン・デシャンボー(いずれも米国)といった実力者たちも予選ラウンドで姿を消した今年のマスターズ。ローアマ争いを楽しむことはできないが、決勝ラウンドも波乱の展開があるかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>