松山英樹は連覇ならず14位T S・シェフラーがメジャー初V、T・ウッズは47位

松山英樹は連覇ならず14位T S・シェフラーがメジャー初V、T・ウッズは47位

スコッティ・シェフラーがメジャー初優勝(撮影:GettyImages)

<マスターズ 最終日◇10日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7510ヤード・パー72>

海外メジャーの今季初戦となった「マスターズ」は全日程が終了し、首位でスタートしたスコッティ・シェフラー(米国)がスコアを1つ伸ばし、トータル10アンダーでメジャー初優勝、今季4勝目を飾った。


世界ランキング1位で乗り込み、優勝を飾ったのは2020年のダスティン・ジョンソン(米国)以来。直近6戦で4勝目を挙げた。

この日のベストスコア「64」をマークしたローリー・マキロイ(北アイルランド)がトータル7アンダーで2位。シェーン・ローリー(アイルランド)、キャメロン・スミス(オーストラリア)がトータル5アンダーの3位タイ。コリン・モリカワ(米国)がトータル4アンダーの5位。

大会連覇を目指した松山英樹はこの日「72」のプレーでトータル2オーバーの14位タイ。連覇を逃し4日間を終えた。

1年5カぶりの実戦復帰となったタイガー・ウッズ(米国)は連日の「78」を叩き、トータル13オーバーの47位に終わった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>