畑岡奈紗はツアー通算6勝目! 国内男女も“黄金世代”が初優勝【先週の主要ツアー振り返り】

畑岡奈紗はツアー通算6勝目! 国内男女も“黄金世代”が初優勝【先週の主要ツアー振り返り】

畑岡奈紗が今季初優勝!(撮影:ALBA)

先週は1998年度生まれの“黄金世代”が大活躍した。畑岡奈紗が21年9月の「ウォルマートNWアーカンソー選手権」以来の米ツアー6勝目。高橋彩華、桂川有人がツアー初優勝を遂げた。それらの結果を振り返る。


■海外女子「DIOインプラントLAオープン」(4月21〜24日、米カリフォルニア州・ウィルシャーCC、賞金総額150万ドル=約1億9000万円)

3日目首位に立った畑岡奈紗が最終日にトータル15アンダーまでスコアを伸ばし、逃げ切りで今季初優勝、ツアー通算6勝目を挙げた。これで世界ランキングは6ランクアップの6位に浮上。CMEポイントランキングも日本勢最上位の7位につけた。

5打差の2位にはハナ・グリーン(オーストラリア)、トータル7アンダーの3位にはインビー・パク(韓国)、ミンジー・リー(オーストラリア)、マデリーン・サグストロム(スウェーデン)の3人が並んだ。

ほか日本勢は笹生優花がトータル3アンダーの17位タイ、古江彩佳はトータル2オーバーの43位タイでフィニッシュ。前週のハワイ戦で2位に入った渋野日向子は苦戦し、トータル6オーバーの63位タイで大会を終えた。

■海外男子「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」(4月21〜24日、米ルイジアナ州・TPCルイジアナ、賞金総額830万ドル=約10億5000万円)

米国男子ツアー唯一のペアマッチ大会は、東京五輪金メダリストのザンダー・シャウフェレと昨年の年間王者パトリック・キャントレー(ともに米国)のコンビがトータル29アンダーまで伸ばして優勝。シャウフェレは3年ぶりのツアーVとなった。

2打差の2位はビリー・ホーシェル&サム・バーンズ(ともに米国)組、トータル24アンダーの3位はサム・ライダー&ドック・レドマン(ともに米国)組が入った。

今年の「マスターズ」を制した世界1位のスコッティ・シェフラーと、大会1勝のライアン・パーマー(ともに米国)のペアはトータル18アンダーの18位タイ。ともに世界ランキングトップ5の注目若手チーム、コリン・モリカワ(米国)とビクトル・ホブラン(ノルウェー)ペアは、トータル16アンダーの29位タイに終わった。

■国内女子「フジサンケイレディスクラシック」(4月22〜24日、静岡県・川奈ホテルゴルフコース 富士コース、賞金総額8000万円)

初日にトーナメントレコードタイの「63」をマークして首位に立った高橋彩華は、そのまま首位の座を守り切り、こちらも大会記録タイのトータル12アンダーで、ツアー初優勝を完全Vで遂げた。

前週の熊本戦を制した植竹希望に続き、1998年度生まれの“黄金世代”11人目の優勝を飾った。これは吉田弓美子、アン・ソンジュ(韓国)、笠りつ子、原江里菜、有村智恵、服部真夕ら87年度生まれの同学年優勝者記録の「10」人を上回り、ツアー史上最多となった。

トータル10アンダー・2位に藤田さいき。トータル7アンダー・3位タイには安田祐香、後藤未有、濱田茉優が入った。“黄金世代”の小祝さくら、木下彩、2週連続優勝を狙った植竹は、トータル6アンダー・6位タイ。昨年覇者の稲見萌寧はトータル5アンダー・10位タイで3日間を終えた。

■国内男子「ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!」(4月21〜24日、茨城県・PGM石岡ゴルフクラブ、賞金総額1億300万円)

国際スポーツ振興協会(ISPS)が主催、日本ゴルフツアー機構(JGTO)が共催する新規大会を制したのは、ISPS所属の23歳・桂川有人。トータル24アンダーまでスコアを伸ばしてバーディ合戦を制し、ツアー初優勝を遂げた。

トータル23アンダー・2位に星野陸也、トータル22アンダー・3位に植竹勇太が続き、トータル20アンダー・4位タイには大西魁斗、片山晋呉が入った。

2週連続優勝を狙った比嘉一貴はトータル19アンダー・6位タイ。昨季賞金王でホストプロとして迎えたチャン・キム(米国)はトータル7アンダーの66位タイで4日間を終えた。

■欧州男子「ISPS HANDA選手権inスペイン」(4月21〜24日、スペイン・インフィニタムゴルフ・レイクスコース、賞金総額200万ドル=約2億5000万円)

国内男子ツアーと同じ“ISPS HANDA”の冠がついた欧州ツアー新規大会は、トータル15アンダーのパブロ・ララサバル(スペイン)がツアー通算7勝目を挙げた。

1打差の2位にアドリアン・オタエギ(スペイン)、2打差の3位タイにはヘニー・デュプレシ(南アフリカ)、アーロン・コッカリル(カナダ)の2人がつけた。日本勢は久常涼ら5人が出場したが、いずれも予選落ちに終わっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>