タイガー・ウッズ、サザン・ヒルズCCの練習ラウンドを敢行 5月の全米プロに向けて

タイガー・ウッズ、サザン・ヒルズCCの練習ラウンドを敢行 5月の全米プロに向けて

タイガー・ウッズの力強いプレーがまた見られるかもしれない(撮影:GettyImages)

現地時間28日早朝、米オクラホマ州タルサの空港に降り立ったプライベートジェットに大きな注目が集まった。同空港のフライトトラッカーが確認すると、搭乗していたのはタイガー・ウッズ(米国)。その後タイガーは、5月19〜22日に開催される今季メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」の会場であるサザン・ヒルズCCへと向かったことが分かった。


タイガーはこの日18ホール、カートを使わずにプレー。レギュラーキャディのジョー・ラカバ氏は同行せず、サザン・ヒルズCCのヘッドプロを務めるキャリー・コズビー氏がバッグを担いだ。

昨年2月の交通事故で右脚を大きく負傷し、一時は切断の選択肢もあった。だが、4月「マスターズ」で奇跡のツアー競技へ復帰、予選通過を果たして47位で終えたことは世界に衝撃を与えた。マスターズ出場前にタイガーは同じようにオーガスタ・ナショナルGCを訪れ、脚の具合を確認しながら練習ラウンドを行い、「出場は当日まで分からない」としながらも見事な復帰を果たした。

タイガーはマスターズのプレーを終えたあと、7月にセントアンドリュースで開催される「全英オープン」への出場を明言。その後、全英オープン前週、7月4〜5日、アイルランドで開催される2日間競技のプロアマ戦「JPマクマナス・プロアマ」への出場も発表となった。

5月全米プロ選手権、6月「全米オープン」に関しては、「これから治療とリハビリを続け、体の状態を見て決める」としていたが、すでに2大会ともエントリーを済ませ、出場の可能性が浮上している。

2007年、サザン・ヒルズCCで開催された全米プロ選手権を、タイガーは2打差で勝利している。だが、同コースは19年までにギル・ハンス氏によって改造、多くの木が取り除かれバンカーも手が加えられている。

タイガーは4月29〜30日、米ネバダ州ラスベガスで行われるタイガー・ウッズ基金が主宰する恒例イベント“タイガー・ジャム”に向かう。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】