「まるで全米OPだ」 ジェイソン・デイがタフな1日耐え抜き首位キープ!

「まるで全米OPだ」 ジェイソン・デイがタフな1日耐え抜き首位キープ!

デイが雨と難コンディションに打ち勝ち首位をキープ(撮影:GettyImages)

<ウェルズ・ファーゴ選手権 2日目◇6日◇TPCポトマック at アベネルファーム(メリーランド州)◇7160ヤード・パー70>

今年の大会はメリーランド州で開催。トップ選手の集結に地元ファンは大喜びだが、天候は微笑んでくれなかったよう。大会2日目は約5時間半にも渡り大雨が降り続いた。その中でプレーした2018年大会覇者のジェイソン・デイ(オーストラリア)が、5バーディ・2ボギーの「67」をマークして単独首位を守った。


「ものすごくタフなコンディション…。まるで全米オープンだ」。プレーを終えたデイにとっても緊迫の1日だった。「長いコースの上にラフが深い。これだけタフなコンディションだととにかく耐え続けるしかない。だけどここの選手はそれでもうまくプレーする方法を見つける」。そしてデイも、“うまくプレー”を続けた。

10番から出ると、12番パー3で2メートルを沈めバーディが先行。14、17番はボギーとしたが、18番パー4で3メートルを沈めてバウンスバックとした。やや小降りとなった後半も、3つのバーディで伸ばす。「優勝争いに戻れるのはうれしい。リーダーに立つのもすばらしい。でもまだ2日残されているから…。あまり期待して力を入れすぎないようにしないと」。今は逸る気持ちを抑えこんでいる。

元世界ランキング1位の34歳は、ここ数年、腰痛に苦しんできた。その結果世界ランキングは127位まで低迷している。腰に負担の掛からないスイング改造のおかげで、今季は1月の「ファーマーズ・インシュランス・オープン」で3位と好調。復活の糸口をつかみ始めた。

しかし3月には最愛の母・デニングさんを亡くし、その後は3大会連続の予選落ちも経験。メジャー初戦の「マスターズ」に出場することもかなわなかった。そんななかジェイソン・スクルブナー(オーストラリア)と組んだ4月のチーム戦「チューリッヒ・クラシック」で10位と奮闘。「少し勢いを失っていたが、ようやく自分のリズムを見つけた」と自信を取り戻しつつある。

2位のマックス・ホーマ(米国)に3打リードして迎える決勝ラウンドだが、週末はさらに天候悪化の予報も出されている。「残りの2日はとにかくガマン。スイングはとてもいい位置にクラブが動いていると感じている。フェアウェイに打ってグリーンに乗せる。このコンディションでは簡単ではないが忍耐あるのみだ」。18年の今大会以来、4年ぶりとなる復活勝利を目指す。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>