高校生に活躍の場を 丸山茂樹主催のジュニア大会が開催「思い出に残る大会になれば」

高校生に活躍の場を 丸山茂樹主催のジュニア大会が開催「思い出に残る大会になれば」

男子の部で優勝した上原挑夢(うえはら・いどむ)さん(大会事務局提供)

丸山茂樹ジュニアファンデーション高校生特別ゴルフ大会が21日(土)、千葉県の千葉セントラルゴルフクラブで開催された。コロナ禍の影響で活躍の場を失った高校生のために試合の場を設けるのが目的だ。


高校生女子の部は30人、男子の部は29人が参加。熱戦が繰り広げられた。

本大会は、3月に開催予定ながら中止となった大会に出場予定だった高校3年生を優先的に出場させ、万全のコロナ対策を施し実施された。

ジュニア大会を長年開催してきた丸山にとって、今回は高校生の夢をつなぐものとなった。「コロナ禍で大会に出場する機会が減ってしまった高校生のために、事前の抗原検査実施など可能な限りコロナ対策を行ったうえで本大会を開催しました」と丸山。「大会を終えることができホッとしています」と続けた。

「参加ジュニア達の思い出に残る大会となればうれしいです。新型コロナウイルス感染症が1日も早く収束し、ジュニア達が伸び伸びと思い切りゴルフできる日が来ることを願っています」と大会の成功を喜ぶと同時にコロナ収束を願った。

男子の部で優勝した上原挑夢(うえはら・いどむ)さんは、「これまで丸山茂樹ジュニアファンデーションゴルフ大会には何度も挑戦してきましたが、ようやく初優勝する事ができました。本当にうれしいです」と笑顔を見せた。

今後もジュニア大会を開催していく丸山。ここから将来の有名プロが多く輩出されることになる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>