女子ツアー最終戦 古江彩佳と笹生優花が直接対決、渋野日向子は田中瑞希と同組に

女子ツアー最終戦 古江彩佳と笹生優花が直接対決、渋野日向子は田中瑞希と同組に

笹生優花と古江彩佳が同組に(撮影:上山敬太)

<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 事前情報◇24日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6,543ヤード・パー72>

今年の国内女子ツアー公式戦でラストゲーム、「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」が26日(木)に開幕。大会公式サイトで初日の組み合わせが発表された。


前週の「大王製紙エリエールレディス」で2週連続優勝を挙げた古江彩佳は、今季2勝の笹生優花と同組。3週連続優勝、今季4勝目をかけて最終戦に臨む。

前週5位に入った渋野日向子は、同世代の田中瑞希とのペアリング。昨年覇者のペ・ソンウ(韓国)は稲見萌寧と、2018年覇者の申ジエ(韓国)は鈴木愛と同組となった。

ホステスプロの河本結は、初日は一人でのラウンド。そのほか、原英莉花は同世代の小祝さくらと同組、今季「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」で優勝の西村優菜は今季「アース・モンダミンカップ」優勝の渡邉彩香と同組で初日を戦う。

昨年大会ではペ・ソンウ(韓国)が最終日に「67」をマークして逃げ切り、ツアー2勝目を挙げた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>