三ヶ島かなが全米女子OP出場 ウェイティングから繰り上がりで初海外試合へ

三ヶ島かなが全米女子OP出場 ウェイティングから繰り上がりで初海外試合へ

三ヶ島かなの全米女子オープン出場が決定!(撮影:上山敬太)

来月10日に開幕する海外女子メジャーの「全米女子オープン」に三ヶ島かなが出場することが決まった。自身のSNSで出場決定についてコメントした三ヶ島は、「初の海外試合ですが、自分のゴルフ人生の糧になるよう全力で楽しんで、自分の出来ることを全て出してこようと思います」と意気込みを示した。


6月に開催予定だった本大会はコロナ禍の影響で12月に延期。従来は米国を中心に世界各地で予選会が行われていたが、今年は各種ランキングや各種ツアーの上位者、直近の成績などで出場者を決定。全156人に満たないぶんは、11月9日付けの女子世界ランキングから出場者を決めていった。

そのなかで、上位者の欠場などもあり、11月9日付けの同ランキングで146位だった三ヶ島に出場権が下りてきた。

三ヶ島にとってメジャー含め、海外での公式試合は初めて。今週は、2020年の国内女子ツアー最終戦「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に出場。勢いに乗って、大一番へと向かいたい。

【出場予定の日本勢】
畑岡奈紗、渋野日向子、比嘉真美子、上田桃子、河本結、勝みなみ、稲見萌寧、穴井詩、岡山絵里、柏原明日架、原英莉花、小祝さくら、淺井咲希、古江彩佳、西村優菜、笹生優花、三ヶ島かな

<ゴルフ情報ALBA.Net>