原英莉花がメジャー連勝へ首位で最終日へ 渋野日向子は2つ落として6位タイに後退

原英莉花がメジャー連勝へ首位で最終日へ 渋野日向子は2つ落として6位タイに後退

メジャー連勝へ最高の位置につけた原英莉花(撮影:岩本芳弘)

<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 3日目◇28日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6,543ヤード・パー72>

2020年国内女子ツアー最後の戦い「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は3日目の競技が終了。原英莉花がトータル10アンダーで首位をキープ、「日本女子オープン」に続くメジャー連勝へ最高の位置につけた。


1打差の2位には西村優菜、2打差の3位にはメジャー初優勝を狙う上田桃子。トータル7アンダーの4位には今季2勝のルーキー・笹生優花がつけている。

2位タイから出た渋野日向子はスコアを2つ落として、トータル5アンダーの6位タイ。史上3人目の3週連続優勝がかかる古江彩佳は3つ落として、トータル4アンダーの10位タイまで後退している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>