西村優菜は2位を死守、古江彩佳は10位後退 プラチナ世代2人はムービングデーに“明と暗”

西村優菜は2位を死守、古江彩佳は10位後退 プラチナ世代2人はムービングデーに“明と暗”

今日も笑顔がはじけた西村優菜 逆転でメジャー制覇なるか!?(撮影:岩本芳弘)

<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 3日目◇28日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6543ヤード・パー72>

首位の原英莉花との2打差を追いかけ、同じ2位からスタートした西村優菜と古江彩佳。ともにメジャー初優勝を狙ったプラチナ世代の2人だったが、このムービングデーは“明と暗”に分かれる日となった。


渋野日向子とともに最終組のひとつ前からスタートした西村は、左ラフにティショットを外した1番でボギーを喫したものの、その後5バーディ(2ボギー)。一時はトップに立つ活躍を続けた。「ワイワイガヤガヤ雰囲気がよかったですね。それもあっていい感じで回れました」と、2学年上の先輩との楽しいラウンドで、気持ちも自然と盛り上がったようだ。

最終日を前に首位との差を1打に縮めて、2位をキープ。18番はアプローチミスからボギーとし、惜しくもトップに並ぶことはできなかった。それでもシーズン開幕前から出場を目標に掲げ、「特別な大会」と位置付ける最終戦での優勝争いで気力は充実。「今年の国内最後のラウンドになるので楽しみたい」と、ルーキーイヤーでのメジャー制覇がかかっても、いつものように笑顔でプレーすることを心がける。

一方、3週連続優勝がかかる古江は、8番パー3でのダブルボギーなど、スコアを3つ落としトータル4アンダーでホールアウト。順位も10位タイまで後退した。「しんどかったですね。ショットがパラパラしていました」と本来の実力を出すことができなかった。朝から強い風が吹く難コンディションとなったが、「風のせいではない。調子が悪すぎました」と言い訳はなし。あくまでも自分のなかに原因を求めた。

トップとの差は6打に広がったが、「明日は明日。きょうのことはもう終わりにします」としっかりと気持ちは切り替える。「1日競技だと思って頑張りたいです」。もてる力をすべて出し切り、残り18ホールでの“大まくり”を狙っていく。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)