松山英樹は7打差18位で最終日へ 首位はセバスチャン・ムニョス、1打差2位にジョーダン・スピース

松山英樹は7打差18位で最終日へ 首位はセバスチャン・ムニョス、1打差2位にジョーダン・スピース

松山英樹は7打差18位で最終日へ(撮影:GettyImages)

<AT&Tバイロン・ネルソン 3日目◇14日◇TPCクレイグランチ(米テキサス州)◇7468ヤード・パー72>

今季2戦目の海外メジャー「全米プロ」前哨戦となる米国男子ツアー「AT&Tバイロン・ネルソン」は3日目の競技が終了。松山英樹は7バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと3つ伸ばしてトータル14アンダー・18位タイ。首位と7打差で最終日へと向かう。


首位に立つのはトータル21アンダーまで伸ばしたセバスチャン・ムニョス(コロンビア)。1打差の2位にジョーダン・スピース(米国)、2打差の3位にホアキン・ニーマン(チリ)が続いている。

世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー(米国)はトータル16アンダーの9位タイ。ダスティン・ジョンソンはトータル13アンダーの21位タイ、東京五輪金メダリストのザンダー・シャウフェレはトータル12アンダーの30位タイとなっている。


<ゴルフ情報ALBA.Net>