<速報>福岡決戦最終日がスタート 単独首位・渡邉彩香がバーディ発進、原英莉花はあわやOBもパーセーブ

<速報>福岡決戦最終日がスタート 単独首位・渡邉彩香がバーディ発進、原英莉花はあわやOBもパーセーブ

原英莉花は幸運なパーセーブ(撮影:福田文平)

<ほけんの窓口レディース 最終日◇15日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6299ヤード・パー72>

今季福岡で行われる唯一の国内女子ツアーは最終日の競技が進行中。首位に立つ渡邉彩香は1番パー5で2打目をグリーン近くまで運んで寄せワンのバーディを奪取。最高のスタートを切っている。


2打差2位タイの原英莉花はティショットを右に曲げてOBかと思われたが林を突き抜けてセーフ。そこから2打目をフェアウェイに置いて3オン2パットのパーをセーブ。同じく2位タイの小祝さくらもパーとしてスタートしている。

7位タイから出た昨年の賞金女王・稲見萌寧は3打目を約1.5メートル寄せてバーディを先行。同じく7位タイから出た地元・福岡出身の三ヶ島かなもバーディ発進を決めている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>