<速報>高橋彩華、渡邉彩香が首位でホールアウト 優勝の行方はプレーオフへ

<速報>高橋彩華、渡邉彩香が首位でホールアウト 優勝の行方はプレーオフへ

今季2勝目をかけてプレーオフに臨む高橋彩華(撮影:福田文平)

<ほけんの窓口レディース 最終日◇15日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6299ヤード・パー72>

国内女子ツアーの最終ラウンド。高橋彩華と渡邉彩香がトータル11アンダー・首位タイでホールアウトし、優勝の行方はプレーオフ(18番パー5繰り返し)へと持ち込まれている。


黄金世代の高橋は今季2勝目を狙う。対する渡邉は2年ぶりのツアー通算5勝目がかかる。

トータル9アンダー・3位タイに稲見萌寧、小祝さくら。トータル8アンダー・5位タイには原英莉花、ルーキーの小倉彩愛が入った。

地元・福岡出身の三ヶ島かなはトータル6アンダー・9位タイで3日間を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>