今平周吾、6勝目は珍しくクラブを大量変更! 高速グリーンと胃腸炎がきっかけ【勝者のギア】

今平周吾、6勝目は珍しくクラブを大量変更! 高速グリーンと胃腸炎がきっかけ【勝者のギア】

今平周吾がニュークラブで勝利!(撮影:ALBA)

<アジアパシフィックオープンゴルフ ダイヤモンドカップ 最終日◇15日◇大洗ゴルフ倶楽部 (茨城県)◇7163ヤード・パー70>

日本とアジアンツアーの共同主管大会の最終日は、今平周吾が3バーディ・1ボギーの「68」をマーク。トータル8アンダーで首位との1打差を逆転し、今季初優勝、ツアー通算6勝目を果たした。副賞として、今年の海外メジャー「全英オープン」の出場権も獲得した。


クラブを滅多に替えない今平にしては珍しく、今大会は新しいクラブを大量に入れた。まず、アイアンセットは今週から初投入。4番アイアンはプロトタイプだが、5番からPWまではヤマハの『RMX VD』のツアーモデルを採用した。

これまでもテストはしていたが、先週のオープンウィークに胃腸炎にかかり練習がまったくできなかった。ここで「感覚がリセットされた」ことから、逆転の発想で新モデルを使ってみようとなった。持ち味のキレのいいショットで大洗のグリーンを攻めることができたのは、このアイアンの精度と「打感もいい」という点が影響している。

また、パターも今週からオデッセイ『2-BALL TEN』に変更していた。高速グリーンで大きく活躍してくれた1本で、市販品とはフェースが異なる仕様になっているとか。オデッセイの担当者は変更経緯について、下記のように明かしている。

「今平プロは『EXO 7 MINI』を使用していましたが、『今週のグリーンが速いのでゆっくりストロークをしたい』ということから、『2-BALL TEN』のヘッド重量を重たくしてテストしました。また、重たくしたぶんのシャフトのしなりを抑えるために、シャフトを『ストロークラボBlack』から『ストロークラボ RED』シャフトでテスト。『グリーンで思うようにストロークができる』と使用に至りました」

海外メジャー出場が今季の目標と語っていた今平。ここからさらに勝ち星を重ねていくか注目だ。

【今平周吾の優勝セッティング】
1W:ヤマハ RMX116(10.5°TOUR AD TP-6X)
3W:テーラーメイド SIM2(15°TOUR AD UB-7X)
5W:テーラーメイド M5(19°TOUR AD TP-8X)
3U:タイトリスト 910H(21°TOUR AD DI HY95 X)
4I:ヤマハ RMXフォージド プロトタイプ
5I〜PW:ヤマハ RMX VD TOUR MODEL
W:タイトリスト ボーケイSM9(52°)
W:タイトリスト ボーケイ2021 PROTO(60°)
PT:オデッセイ 2-BALL TEN
BALL:タイトリスト Pro V1x

<ゴルフ情報ALBA.Net>