<速報>2020年男子最終戦のムービングデーがスタート 石川遼の1ホール目はパー

<速報>2020年男子最終戦のムービングデーがスタート 石川遼の1ホール目はパー

1ホール目をパーとした石川遼(撮影:佐々木啓)

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 3日目◇5日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70>

首位と5打差、トータル3アンダーの7位タイで決勝ラウンドに進出した石川遼がムービングデーの競技をスタート。1ホール目をパーとしてコースへと出て行った。


雨が降るなか、金谷拓実、出水田大二郎と出た石川はティショットを大きく左に。なんとかパーオンしたが右手前約13メートル。これを50センチに寄せてパーとした。金谷は奥3.5メートルにつけてバーディ発進、出水田も右2メートルにつけてバーディとしている。

大会最年少優勝かかる22歳の小斉平優和は大槻智春、チャン・キムとともに10時20分に最終組でスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>