岩田寛が単独首位浮上 大会最年少優勝かかる小斉平優和は2位後退、石川遼は4打差6位タイ

【ゴルフ日本シリーズJTカップ】岩田寛が単独首位浮上 石川遼は6位タイで最終日へ

記事まとめ

  • 2020年国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」3日目の競技が終了した
  • 岩田寛が単独首位に浮上し、ツアー初Vと大会最年少優勝かかる小斉平優和は2位に後退
  • 3位タイには谷原秀人、金谷拓実、チャン・キムの3人、6位タイには石川遼

岩田寛が単独首位浮上 大会最年少優勝かかる小斉平優和は2位後退、石川遼は4打差6位タイ

岩田寛が単独首位浮上 大会最年少優勝かかる小斉平優和は2位後退、石川遼は4打差6位タイ

単独首位浮上した岩田寛(撮影:佐々木啓)

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 3日目◇5日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70>

2020年国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は3日目の競技が終了。トータル7アンダーの岩田寛が単独首位に浮上した。


ツアー初優勝と大会最年少優勝かかる22歳の小斉平優和は17番でダブルボギーを叩くなどトータル6アンダーの2位に後退。トータル5アンダーの3位タイには谷原秀人、金谷拓実、チャン・キムの3人。石川遼は4バーディ・4ボギーとパープレー。スコアを伸ばせずトータル3アンダーの6位タイで最終日へと向かう。

51歳の藤田寛之はスコアを6つ落としてトータルイーブンパーの10位タイ。昨年の今大会で2年連続となる賞金王を決めた今平周吾はトータル2オーバーの14位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>