マイナビネクストヒロインツアー第3戦 和久井麻由が2大会連続優勝を狙って最終組でティオフ

マイナビネクストヒロインツアー第3戦 和久井麻由が2大会連続優勝を狙って最終組でティオフ

2大会連続優勝を狙う和久井麻由(撮影:上田章博)

<マイナビネクストヒロインゴルフツアー◇第3戦ASO COLLEGE GROUP Design your future cup 本戦(1日競技)◇17日◇麻生飯塚ゴルフ倶楽部(6407ヤード・パー72)>

将来ツアーで活躍することを目指す若手女子ゴルファーが経験を積むための場を提供するトーナメントとして、2019年に始まったマイナビ ネクストヒロインゴルフツアー(以下MNGT)。22年は年間12試合を開催する予定で、17日は第3戦ASO COLLEGE GROUP Design your future cupが麻生飯塚ゴルフ倶楽部(福岡県)で行われている。


第2戦マイナビカップでMNGT初出場ながら初優勝を遂げた和久井麻由が、これまた初となる2大会連続優勝を狙って9時12分に最終組でスタート。1番パー5(479ヤード)のティショットは左に曲げたが、堅実にパーを奪取。後半の9ホールはトリッキーなホールが続くため、前半にどこまでスコアを伸ばせるかが勝負だ。

和久井は第2戦で優勝を遂げた後、関東を中心に展開しているミニツアーでも優勝、また山形で開催された大きなプロアマ大会でも優勝を遂げている。好調の波に乗っているのだろうか?

「調子はよくも悪くもない感じです。今大会は初めてのコースで、久しぶりの九州でのラウンド。風とか芝の感じが関東とは違っていて、グリーンも読みづらい印象です」と、和久井。

前日のプロアマ戦では、前半はショットが左右に散らばっていたが後半立て直すことができたという。持ち球をドローからフェードに変えているところで、まだ球筋が安定していないのだ。そんな状態でも第2戦では勝利を手にしたということは、本番での修正力が高いといえる。

今大会の開催コースである麻生飯塚ゴルフ倶楽部は、男子ツアーのトーナメントを開催するタフなチャンピオンコース。出場選手たちは「狭い印象で、グリーンは傾斜が強く難しい」と話していた。今大会は1日競技、優勝スコアは3アンダーから5アンダーと予測される。バーディを多く稼ぐのは難しいコースだけに、ボギーを打てば優勝争いから後退することになる。慎重にパーを重ねて、チャンスが来たらエースを狙うゴルフを誰が展開するのか。興味は尽きない。(文・河合昌浩)

<ゴルフ情報ALBA.Net>