畑岡奈紗は「74」と苦戦し11位終戦 A・スタンフォードが2季ぶりV

畑岡奈紗は「74」と苦戦し11位終戦 A・スタンフォードが2季ぶりV

畑岡奈紗 苦戦し11位で終戦

畑岡奈紗は「74」と苦戦し11位終戦 A・スタンフォードが2季ぶりV

スタンフォードが最終日に大きく伸ばし逆転優勝を果たした(撮影:GettyImages)

<ボランティアズ・オブ・アメリカクラシック 最終日◇6日◇オールドアメリカンGC(テキサス州)◇6475ヤード・パー71>

最終ラウンドが行われ、7バーディ・3ボギーの「67」を記録したアンジェラ・スタンフォード(米国)が、トータル7アンダーまでスコアを伸ばし優勝した。トップと1打差の4位タイから逆転し、2018年の「エビアン選手権」以来となるツアー通算7勝目を挙げた。


スタンフォードと同じく首位と1打差からスタートした畑岡奈紗は、逆転を目指した最終日に2バーディ・5ボギーと苦戦。トータルイーブンパーまでスコアを落とし、11位タイで大会を終えた。

トータル5アンダーの2位タイはヤーリミ・ノー(米国)、ユ・ソヨン、インビー・パーク(ともに韓国)。同4アンダーの5位にコ・ジンヨン(韓国)が続いた。

上原彩子は「75」と落とし、トータル13オーバーの67位タイという結果に終わった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>