直ドラ披露も「うわぁ〜!(笑)」  渋野日向子が“大爆笑”の練習ラウンド…再会の同級生「何か食べながら回るのも変わらない(笑)」

直ドラ披露も「うわぁ〜!(笑)」  渋野日向子が“大爆笑”の練習ラウンド…再会の同級生「何か食べながら回るのも変わらない(笑)」

リラックスムードで調整した(撮影:米山聡明)

<ブリヂストンレディス 事前情報◇17日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)◇6713ヤード・パー72>

今季日本ツアー初出場の渋野日向子が、前日に続き会場を訪れ、時折雨が降るコンディションのなか18ホールの練習ラウンドを行った。


笑い声、快音、また笑い声。ひさしぶりとなる日本のツアー会場で、何も変わらぬ明るい表情で渋野がコースのチェックを行った。2本ずつティショットを打ち、その後はラフからのショットや、グリーン周りを入念にチェック。しっかりとクラブを振り切っていたのが印象的だった。

10番から出た前半は同学年の工藤優海と、親交が深い2学年下の後輩・上野菜々子とプレー。真剣な表情でクラブを振ったかと思えば、3人でふざけ合って大爆笑…こんなシーンが続いた。

渋野が下部ツアー(ステップ・アップ・ツアー)に出場していた2018年に、よく練習ラウンドをともにしていた工藤は、「ヒナコッティと、『なつかしいねー』とか言いながら回ってました。話していたことは他愛もないことです。当時と空気感はまったく変わらないし、何か食べながら回ってるのも一緒(笑)。いい意味で裏表がない」と、“爆笑ラウンド”の内容を明かした。肩を組みながらコースを歩くなどリラックスムードだ。

アウトコースを回った後半は工藤が抜け、上野に青木瀬令奈を加えた3人でプレー。渋野が日本を主戦場にしていた昨年以前からよく練習ラウンドをしていた“お姉さん的存在”の青木は、「たくましくなったなと思いました。芝やグリーンなど、アメリカで日本と違う部分に対応するのは大変なんだなと思いました。アプローチやパットの距離感も合っていました」と、その状態を見ていた。

560ヤードの9番パー5の2打目ではドライバーを握り、4月にハワイで行われた「ロッテ選手権」で多用した“直ドラ”も披露。打った直後には「うわぁ〜!」と悔しそうな声をあげジャストミートとはいかなかったようだが、攻撃的な戦術もしっかり確認した。自身も直ドラをよく使う青木も、「雨がしとしと降るなかで『おーっ打った』って。たくましいと思いながら見ていました」と振り返る。

会場ではひさしぶりに会うツアーメンバーたちと笑顔で声を交わし、再会を楽しんだ。練習ラウンドを終えるとショット練習場に直行。1時間ほど、スイング動画も確認しながらクラブを振った。さらにその後1時間ほどパター練習場で過ごし、午後5時20分頃クラブハウスに戻ってコースを後にした。

そのパター練習場では、予選ラウンドを同組で回る稲見萌寧と長いハグをするシーンも。明日はプロアマに出場し、大歓迎ムードのなか19日の初日を迎える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>