ドライバー部門で2位の『ステルス』が、FW部門で1位の理由は?【FW売り上げランキング】

ドライバー部門で2位の『ステルス』が、FW部門で1位の理由は?【FW売り上げランキング】

アスリートゴルファーからの支持を集める『ステルスプラス』(撮影:ALBA)

5月9日〜15日の週間売り上げランキングを見ると、ウッド部門では『ローグST』と『ステルス』による熾烈なトップ争いが続いている。ちなみにドライバー部門では『ローグST MAX』が1位だったが、フェアウェイウッドでは『ステルス』が1位。その理由について、つるやゴルフ八重洲店の岩本啓輔さんに話を聞いた。


「ドライバーの『ステルス』は競技ゴルファーからは絶賛されていますが、一部のお客さんからは難しいという声もあります。ただ、ドライバーを難しいと感じた人もフェアウェイウッドは「打ちやすい! 飛ぶ!」というお客さんが多いです。元々、テーラーメイドのフェアウェイウッドはすごく人気があって、当店でもマークダウン品を含めれば今でも『SIM2 MAX』が人気No.1です(※売り上げランキングではマークダウン品は除外)。だから、昔からテーラーメイドのフェアウェイウッドを使っていた人が『ステルス』に乗り換えたりするパターンも多いです」

―『ローグST』のフェアウェイウッドは?

「今年の『ローグST』はやさしさが高く評価されていて、フェアウェイウッドもソールにラウンドがついていて、飛ぶというよりも上がりやすいという声が多いです。決して、ドライバーに比べてフェアウェイウッドの人気がないわけではなく、フェアウェイウッドも順調に売れています。『ローグST』だと純正シャフトの人気が高いですね」

テーラーメイドは昨年の『SIM2』も一昨年の『SIM』も、フェアウェイウッド部門で圧倒的なシェアを誇っていたが、今年の『ステルス』にも「ツイストフェース」や「Vスチールソール」など歴代フェアウェイウッドで名器といわれたクラブのテクノロジーが継承されている。そんなところも人気の一因だろう。

■ドライバー売り上げランキングトップ3
1位 キャロウェイ ローグST MAX
2位 テーラーメイド ステルス
3位 キャロウェイ ローグST MAX D

■FW売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス
2位 キャロウェイ ローグST MAX
3位 ピン G425 MAX

■UT売り上げランキングトップ3
1位 ピン G425ハイブリッド
2位 テーラーメイド ステルス レスキュー
3位 キャロウェイ ローグST MAX ユーティリティ
※データ提供/矢野経済研究所

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】