<速報>笹生優花が単独首位で折り返し 渋野日向子はアンダーパーでプレー中

<速報>笹生優花が単独首位で折り返し 渋野日向子はアンダーパーでプレー中

笹生優花が単独首位!(撮影:GettyImages)

<全米女子オープン 初日◇10日◇チャンピオンズGC(米国テキサス州)◇サイプレスクリークコース(6731ヤード・パー71)、ジャックラビットコース(6558ヤード・パー71)>

海外女子メジャーの「全米女子オープン」は初日の競技が進行中。笹生優花が4アンダー・首位タイで後半に突入している。


笹生は前半を4バーディ・ノーボギーの「32」でラウンド。トップに並んで折り返している。

渋野日向子は13ホールを消化して1アンダーでプレー中。現在11位タイとなっている。

そのほか日本勢では、初のメジャー制覇がかかる畑岡奈紗が14ホールを消化してイーブンパー、古江彩佳、比嘉真美子、河本結らもともにイーブンパーでプレー中。

国内女子ツアーの2020年最終戦「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」優勝の原英莉花は出だしの2ホールでダブルボギー、ボギーと苦戦。4オーバーで折り返している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>