<速報>渋野日向子は前半1つ落とすも単独首位キープ 独走態勢変わらず

<速報>渋野日向子は前半1つ落とすも単独首位キープ 独走態勢変わらず

渋野日向子が単独首位キープ

<速報>渋野日向子は前半1つ落とすも単独首位キープ 独走態勢変わらず

渋野日向子が単独トップをキープし後半へ(撮影:GettyImages)

<全米女子オープン 3日目◇12日◇チャンピオンズGC(米国テキサス州)◇サイプレスクリークコース(6731ヤード・パー71)>

現在サイプレスクリークコースをプレーする決勝ラウンドが進んでいる。渋野日向子は前半の競技を1バーディ・2ボギーで終え、トータル6アンダーの単独トップをキープしている。


後続に3打差という状況でスタートした渋野だったが、1番パー4で3パットのボギーを叩いてしまう。さらに2番でもセカンドをバンカーに入れピンチが続いたが、ここは1.5メートルに寄せてナイスパーセーブとした。

すると5番パー5、グリーン左バンカーからの3打目をピン1メートルの位置につけ、この日初バーディ。しかし7番パー4でセカンドショットをグリーン左に外すと、そのアプローチも2メートル弱残りパーセーブに失敗した。それでも8番、9番をパーとし折り返した。

ムービングデーに突入し、全体的にスコアが伸びない展開が続く。現在の2位タイにはトータル3アンダーのモリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、ヤーリミ・ノー(米国)、アマチュアのケイトリン・パップ(米国)、リン・グラント(スウェーデン)がつけ、渋野と後続との3打差は変わらない。

渋野含め9人が決勝に進んだ日本勢では、笹生優花が4つ落としてトータル2オーバー。畑岡奈紗はトータル4オーバーでそれぞれ後半をプレーしている。岡山絵里、高橋彩華、比嘉真美子、河本結、稲見萌寧、三ヶ島かなもラウンドを続けている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>