昨年日本ツアーで2勝 パパになったスコット・ビンセント【きょうは誰の誕生日?】

昨年日本ツアーで2勝 パパになったスコット・ビンセント【きょうは誰の誕生日?】

パパになったスコット・ビンセントが30歳に(撮影:鈴木祥)

昨年日本ツアーで2勝を挙げたスコット・ビンセント(ジンバブエ)が、きょう5月20日に30歳になった。昨日からはじまった「ゴルフパートナー PRO-AM」では、初日に、5バーディ・ボギーなしの「65」で回り、8位タイにつけている。


父親の影響でゴルフを始め、大学は米国のバージニア工科大学に進学。15年のプロ転向後はアフリカやカナダ、アジアと世界各地を転戦した。18年のQTを11位で突破し、19年から日本ツアーに本格参戦。下部のABEMAツアー「LANDIC CHALLENGE 7」で優勝、レギュラーツアーでも度々優勝争いに顔を出して、賞金ランキング15位でシード権を獲得した。

初めてシード選手として臨んだ2020-21年シーズンはコロナ禍に見舞われ、20年は欧州をメインにプレー。21年になってから来日すると、「人生でもっとも最高の時間だった」とジンバブエ代表で出場した東京五輪で16位タイに入り、4週間後の「Sansan KBCオーガスタ」でレギュラーツアー初優勝。さらに3週間後の「ANAオープン」で2勝目を飾った。

ツアー優勝とともに、昨年は嬉しい出来事があった。キャディをつとめていた妻のケルシーさんの妊娠だ。東京五輪終了後に妊娠がわかり、その後は電動カートで転戦。ケルシーさんはシーズン終了までキャディを務め、今年4月に女の子を出産した。

現在は古くからの友人とタッグを組み、ツアーを戦っており、シーズン後半には家族を日本に呼ぶ予定だそう。将来的には米国男子ツアーの挑戦も見据えている。パパとなっての初優勝もそう遠くなさそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】