初登場の『グライド4.0』が3位に! 『i525』ユーザーに人気【ウェッジ売り上げランキング】

初登場の『グライド4.0』が3位に! 『i525』ユーザーに人気【ウェッジ売り上げランキング】

ツアープロも次々切り替えている『グライド4.0』(撮影:ALBA)

今年のウェッジ部門では3月に発売された『SM9』が2カ月以上も売り上げトップをキープしているが、最新週間ランキング(5月9日〜15日)では、そのライバルになりそうなウェッジが登場。それが5月13日に発売されて、3日間の集計で3位にランクインしたピンの『グライド4.0』だ。その人気についてPGA TOUR SUPERSTORE入間店の宮原伸悟さんに話を聞いた。


「まだ当店でも発売したばかりなのですが、電話での問い合わせが多くて、よく売れています。今年のピンだとアイアンの『i525』が大ヒットしていますが、『i525』を購入した人がウェッジもピンに揃えたくなって『グライド4.0』を購入するパターンが目立ちます。また、前作の『グライド3.0』を使っていた人からの乗り換え派もいます。ピンのユーザーはアイアンもウェッジもドライバーまで、すべてピンで揃えたいというゴルファーが多いです」

―どんな内容の問い合わせにが多かったのか?

「意外だったのは『46度ありますか?』という内容です。以前は40度台のウェッジなんてほとんど購入する人がいませんでしたが、アイアンのストロングロフト化で最近は40度台がよく売れるようになりました」

ちなみに1位の『SM9』でも48度よく売れているが、『グライド4.0』も46度が大ヒットのカギになるかもしれない。

■ウェッジ売り上げランキングトップ3
1位 タイトリスト ボーケイデザイン SM9
2位 フォーティーン DJ-5
3位 ピン グライド4.0
※データ提供/矢野経済研究所

<ゴルフ情報ALBA.Net>