松山英樹、星野陸也が64位で予選突破 W・ザラトリスが首位、T・ウッズは53位で決勝へ

松山英樹、星野陸也が64位で予選突破 W・ザラトリスが首位、T・ウッズは53位で決勝へ

ウィル・ザラトリスが首位浮上(撮影:GettyImages)

<全米プロゴルフ選手権 2日目◇20日◇サザン・ヒルズCC(米オクラホマ州)◇7556ヤード・パー70>

今季の海外メジャー2戦目となる「全米プロゴルフ選手権」は2日目の競技が終了した。この日5つ伸ばしたウィル・ザラトリス(米国)がトータル9アンダーで単独首位に躍り出た。


1打差のトータル8アンダー・2位にミト・ペレイラ(チリ)。トータル6アンダー・3位に2017年大会覇者のジャスティン・トーマス(米国)がつけている。

バッバ・ワトソン(米国)が大会記録に並ぶ「63」をマークし、トータル5アンダーの4位に急浮上。初日トップに立ったローリー・マキロイ(北アイルランド)はスコアをひとつ落とし、トータル4アンダーの5位タイに後退した。

日本勢では松山英樹と星野陸也がトータル4オーバー・64位タイで辛くも予選を突破。香妻陣一朗はトータル6オーバーの89位タイ、稲森佑貴はトータル8オーバーの105位タイ、木下稜介はトータル11オーバーの123位タイ、金谷拓実はトータル13オーバーの135位タイで予選落ち。

ケガからの復帰2戦目となったタイガー・ウッズ(米国)はこの日ひとつ伸ばし、トータル3オーバーの53位タイで決勝ラウンド行きを決めた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>