松山英樹は後半崩れて55位T ショットが3日間最低のなか最終日への活路は?

松山英樹は後半崩れて55位T ショットが3日間最低のなか最終日への活路は?

前半に見せた粘りはきっと最終日につながる(撮影:GettyImages)

<全米プロゴルフ選手権 3日目◇21日◇サザン・ヒルズCC(米オクラホマ州)◇7556ヤード・パー70>

これまでとは一転、急激に冷え込んだこの日。多くの選手が対応に苦しむなか、松山英樹は「常に上着は入れているようにしている。この変わりようは今年も経験しているのでさほど、びっくりすることはなかった」と準備力の高さを見せるも「ゴルフがうまくいかないですね」と3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーと3日連続となる「72」。トータル6オーバーで55位タイに浮上するも、スコアを2つ落としたこともあって笑顔はなかった。


特にショットのスタッツは3日間で最低のものとなった。飛距離は気温もあるから仕方ないとしてもフェアウェイキープ率は初日と同じ50.00%。フェアウェイに行かないだけでなく、3回もフェアウェイバンカーにつかまった。パーオン率はさらに悪く38.89%。修正しようと試行錯誤をしつつも、「なかなかうまくいかない。うまくいくように何かを探しているんですけどね」と、もがく日々が続く。

そのなかで光ったのが小技だった。グリーンに乗せられないなか、幾度となくアプローチを強いられたが、「そこは昨日に比べたら良くなったなという感じ」。10番ではグリーン手前のバンカーに入れてしまい、手前のエッジギリギリに切られたピンに対してのバンカーショットとなるも1.2メートルにピタリと寄せてパー。この日何度もあったバンカーからの対応は好材料だ。

何よりもパッティングの数字が大きく変わった。パターのスコアへの貢献度を表す『ストロークゲインド・パッティング』は初日『-0.681』、2日目『-1.631』とマイナスだったのに対して『2.114』とプラスに転換。1番で14メートルを入れただけでなく、特に前半は7番で3.5メートルを決めるなど、しびれる距離のパーパットを決め続けた。

そうして前半は「34」と1アンダーで回って見せた。後半は「38」と崩れてしまったが、ここに最終日への活路がありそうだ。「そうそう良くなる気配がない。前半みたいに良い感じでしのいでいけるように頑張りたい。時間がいっぱいあるのでゆっくり寝て、明日に備えたいですね」。苦しいなかで見せた粘り。ショットをうまく立て直し、この日のショートゲームが加われば最終日こそ松山英樹らしいゴルフを見せられるはずだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>