初メジャー切符の出水田大二郎 欠場も考えた腰痛一転「力が抜けてショットがバシバシ」

初メジャー切符の出水田大二郎 欠場も考えた腰痛一転「力が抜けてショットがバシバシ」

まさに怪我の功名 出水田大二郎が初のメジャー切符獲得(提供:日本ゴルフ協会)

<全米オープン 日本地区最終予選 最終日(1日競技)◇23日◇カレドニアン・ゴルフクラブ(千葉県)>

ツアー1勝の出水田大二郎は、前半の18ホールを「68」、後半の18ホールも「68」でまとめてトータル8アンダーまで伸ばし、初めての海外メジャー行きを決めた。第一声は「本当にひと安心」とホッとした表情を浮かべた。


そんな出水田だが、実は今朝アクシデントに見舞われていた。「腰が激痛で、出場するかどうかも迷ってた」。帯同していたトレーナーにケアとテーピングをしてもらい、痛み止めを飲んで「何とかプレーできる状況になった」と予定通り出場。不安の中でスタートしたが、「いざ始まってみたら、痛みがあまり気にならなくて。力が抜けてけっこうショットもバシバシついてくれたので、怪我の功名だったかなと思います」。終わってみれば36ホールで1イーグル・12バーディを奪っていた。

「36ホール中30回近くパーオンできた感じがある。本当にドライバーもアイアンも安定して、大きなミスもなかった」とショットがキレキレだった。5番パー3では、1ラウンド目も2ラウンド目も同じ池に入れたが、「どちらも何とかボギーで上がれたのが良かった」と傷口を最小限にとどめた。

前週の「ゴルフパートナー PRO-AM」では予選落ちを喫し、きのうは練習ラウンドに訪れていた。13フィート超えるカレドニアンの高速グリーンにも「ぶっつけで回った片岡君が『ギャップがすごい』と言っていたので、前日に回れたアドバンテージがあったのかなと思います」とプラスに働いた。

6月に本戦が行われる「全米オープン」のイメージについては「テレビで見ている選手たちと戦えるのはワクワクします。去年はウェイティング(補欠)1位で出られなくて、今年は絶対出たいという気持ちがあった。コース(ザ・カントリークラブ)はすごく過酷なイメージがある。耐えて耐えてのゴルフになると思う」と話す。

回りたい選手は「やっぱりタイガー(ウッズ)」と即答。続いて「(ローリー)マキロイとか(ザンダー)シャウフェレとも回りたい」とスーパースターたちとの直接対決を熱望する。そして、この男のことも忘れていない。「松山(英樹)さんに練習ラウンドをお願いしたい。できれば色々と教えてもらえたらな、と思います」と、用品契約を結ぶダンロップを通じて「聞いてみたい」と考えている。

目標は「まずは予選通過。そこをクリアしたい」ときっぱり。決勝ラウンドに進出できれば、世界ランカーたちとの共演も現実味を帯びてくる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>