共通点は賞金王で日本OP覇者、2人合わせて52勝のリオ五輪コンビは丑年 ゴルフ界年男まとめ

共通点は賞金王で日本OP覇者、2人合わせて52勝のリオ五輪コンビは丑年 ゴルフ界年男まとめ

片山晋呉と池田勇太が年男!(撮影:佐々木啓)

米国男子ツアー「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」(1月7〜10日、米国ハワイ州)を皮切りに始まる2021年のゴルフ界。そこで今年活躍が期待される丑年(うしどし)の年男を調べてみた。


国内の男子ツアーを引っ張ってきた二人がなんといっても注目だ。ともにリオ五輪に出場、賞金王戴冠、そして「日本オープン」制覇と輝かしい成績を残してきた1973年生まれの片山晋呉と85年生まれの池田勇太だ。

2017年9月以来のツアー32勝目を目指す片山は今月31日に48歳を迎える。進化を目指す片山は現在もスイング研究に没頭中。永久シード選手となったいまも賞金ランキングでシードを続ける片山。今年の活躍も期待される。

池田はツアーデビュー年で同じく年男だった09年に4勝をマーク。そこから19年まで毎年ツアー優勝を重ねてきたが、異例の年となった20年は未勝利。20年と21年はシーズンが統合されており、12季連続の優勝を目指す。

片山と同じく73年生まれに学年では一つ下の山下和宏、今野康晴。国内ツアーで3勝を挙げている虎さんことチェ・ホソン(韓国)も73年生まれ。20年の欧州男子ツアーの王者に君臨したリー・ウェストウッド(イングランド)も同じく73年生まれだ。

池田と同じ85年生まれには塚田陽亮、小池一平。97年生まれには、昨年の「全米プロゴルフ選手権」を制した日系のコリン・モリカワ(米国)やビクトル・ホブラン(ノルウェー)ら期待の新星がひしめいている。

海外メジャー8勝を含む米ツアー39勝、欧州ツアー8勝、日本ツアー4勝など世界中で勝利を重ねてきたトム・ワトソン(米国)も今年の9月で72歳。海外メジャー1勝、米ツアー19勝のトム・カイト(米国)も同じく72歳になる。ことし還暦を迎えるのは13年の「全米プロシニア」で優勝している井戸木鴻樹だ。

【1997年生まれ(以下順不同)】
小木曽喬、コリン・モリカワ、ビクトル・ホブランなど

※その他の1997年生まれの男性著名人
伊藤健太郎、阿部一二三、オコエ瑠偉、平沢大河

【1985年生まれ】
池田勇太、塚田陽亮、小池一平、諸藤将次など

※その他の1985年生まれの男性著名人
クリスティアーノ・ロナウド、山下智久、松山ケンイチ、ウエンツ瑛士、太田雄貴

【1973年生まれ】
片山晋呉、今野康晴、山下和宏、菊池純など

※その他の1973年生まれの男性著名人
イチロー、石井一久、松中信彦、堺雅人、大泉洋、設楽統(バナナマン)、GACKT

【1961年生まれ】
井戸木鴻樹、金子柱憲、横山明仁など

※その他の1961年生まれ男性著名人
栗山英樹、石橋貴明(とんねるず)、柳葉敏郎、徳永英明、三谷幸喜など

【1949年生まれ】
トム・ワトソン、トム・カイトなど

※その他の1949年生まれ男性著名人
村上春樹、南こうせつ、武田鉄矢、矢沢永吉など

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)