24歳・櫛山勝弘が「65」で単独トップ 松村道央、藤本佳則らが上位発進

24歳・櫛山勝弘が「65」で単独トップ 松村道央、藤本佳則らが上位発進

単独首位発進を決めた櫛山勝弘(提供:JGTO)

<太平洋クラブチャレンジトーナメント 初日◇25日◇太平洋クラブ 江南コース(埼玉県)◇7053ヤード・パー71>

国内男子下部のABEMAツアー第3戦の第1ラウンドが行われ、24歳の櫛山勝弘が6バーディでボギーなしの「65」をマーク。6アンダーの単独トップに立った。


1打差の2位タイには日高将史、吉田泰基、山田大晟の3人。4安打・5位タイにツアー通算5勝の松村道央、同2勝の藤本佳則や、河本力ら10人が並ぶ。

このほか、伊澤利光が3アンダー・15位タイと好発進。石川航は3オーバー・120位タイ、片岡大育は5オーバー・125位タイと出遅れた。大会は27日まで3日間の日程で行われる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>