ミシェル・ウィーが全米女子OP後の“ツアー撤退”を表明 「引退」は否定…「自分を規制したくない」

ミシェル・ウィーが全米女子OP後の“ツアー撤退”を表明 「引退」は否定…「自分を規制したくない」

ミシェル・ウィーがツアー撤退を表明した(撮影:GettyImages)

<バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレー 2日目◇26日◇シャドークリークGC(米ネバダ州)◇6777ヤード・パー72>

米国女子ツアー5勝のミシェル・ウィー(米国)が、次週の「全米女子オープン」後の“ツアー撤退”を発表した。「引退」ではないことも明言し、来年の全米女子オープン参戦も合わせて発表した。


現在32歳のウィーは、2019年にNBAのゴールデンステート・ウォリアーズに所属するジェニー・ウエスト氏と結婚。翌年6月には長女のマケナちゃんが誕生した。そしてコースでのキャリアも華やかだ。ハワイで生まれ、“天才少女”の名を欲しいままにした。10歳で「全米女子アマチュアパブリックリンクス」に出場。11歳の時にハワイ州の女子ストローク選手権「ジェニーK女子招待」で勝利している。

03年には13歳の最年少記録で女子メジャーの「クラフト・ナビスコ選手権」、「全米女子オープン」予選通過。“女性版タイガー・ウッズ”として注目された。世界を驚かせたのは04年。地元ハワイで行われた「ソニー・オープン」のスポンサー招待を受け、4人目の女子選手としてPGAツアーに参戦。2日目には「68」をマークしたが、予選通過はならなかった。

05年に迎えた16歳の誕生日にプロ転向。しかし年齢制限でLPGAツアーのメンバーにはなれず、スポンサー推薦での出場の傍ら世界の男子ツアーにも挑戦した。日本の「カシオワールドオープン」にも参戦している。

09年以降は予選会を経て米LPGAツアーの選手として活躍。ルーキーイヤーに「ロレーナ・オチョア招待」で勝利し、通算5勝を挙げた。何と言ってもキャリアハイライトは14年の「全米女子オープン」制覇だ。ノースカロライナ州のパインハースト・ナンバー2で男子との2週連続で開催された大会で、メジャー初勝利を挙げた。またエモーショナルな戦いぶりは、5度出場した「ソルハイム・カップ」でもいかんなく発揮。14年にはアニカ・メジャーアワードも獲得している。

「引退とは呼ばない。なにも自分を規制したくない」と来年6月にカリフォルニア州のペブルビーチ・ゴルフリンクスで開催される全米女子オープンへの出場は確約した。ここでは夫のウエスト氏がキャディを務めるという。

ツアー撤退の大きな理由の1つに体力を挙げ「ゴルフをしたあとは娘を抱き上げることもできない。それは私にとって怖ろしいことだった」と話す。出産のあとツアーに復帰、21年は6試合に出場し予選通過は2大会だった。今季は1月の開幕戦「ヒルトングランドバケーションズ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」に出場し28位の成績を残している。

「最も誇りに思うことはプロ生活を続けながら、スタンフォード大を卒業したこと。そして全米女子オープンで勝利したこと。両方で私は成し遂げた」と胸を張るウィー。スポンサーの多くは、この後もサポートを続行するという。女子テニスのセリーナ・ウイルアムス(米国)らとともにナイキ・アスリート・シンクタンクのメンバーとして女子アスリートの振興にも務めていく。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>