古江彩佳が唯一のマッチプレー戦で準優勝 メジャー控える小祝さくらは今季初V【先週の主要ツアー振り返り】

古江彩佳が唯一のマッチプレー戦で準優勝 メジャー控える小祝さくらは今季初V【先週の主要ツアー振り返り】

古江彩佳が米女子ツアーを2位でフィニッシュ!(撮影:GettyImages)

海外メジャー「全米女子オープン」を翌週に控えた前哨戦となるマッチプレー戦で、古江彩佳が決勝戦まで進み優勝争いへ。また国内ツアーでは、その全米女子オープンに出場予定の小祝さくらが、最高の手土産をつかんだ。先週行われた主要ツアーを振り返る。


■米国女子「バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレー」(5月25〜29日、米ネバダ州・シャドークリークGC、賞金総額150万ドル=約1億9500万円)

海外メジャー「全米女子オープン」の前哨戦として行われたのはツアー唯一のマッチプレー戦。日本勢で唯一出場した古江彩佳が5日間の熱戦を繰り広げた。

64人が16組4人のグループに分かれ、各グループで総当たり戦を行う予選トーナメントでは、2勝1分けで決勝トーナメントに進出。ベスト8を決める決勝1回戦では、ポーラ・レト(南アフリカ)と戦い、2&1で勝利。同日に行われた準々決勝ではジョディ・エワート(イングランド)を相手に、4ダウンで前半を折り返したながら、最終18番で追いつき4ホールに渡る延長戦を制して勝利した。

最終日に行われた準決勝では終始リードを奪い、2&1でリリア・ヴ(米国)を撃破。米女子ツアー初優勝をかけ、2009年「全米女子オープン」優勝の経験を持つジ・ウンヒ(韓国)との決勝戦に挑んだ。一進一退の攻防が続いたが、12番で2ダウンまで差がつくと、最後は16番でパーパットを外して3ダウンと広がりギブアップ。3&2で惜しくも2位に終わり、米ツアー初優勝を逃した。

だが、シード権獲得に関わるCMEグローブポイントランキングでは、今季通算524.072ポイントとなり24位に浮上。来季の出場権をほぼ手中に収めた。

今週は米国ノースカロライナ州のパインニードルズ・ロッジ&GCで今季メジャー2戦目「全米女子オープン」が開催される。古江、畑岡奈紗、笹生優花、渋野日向子の米ツアーメンバーに加え、西郷真央、西村優菜、上田桃子ら日本を主戦場にしている選手も参戦。合計15名の日本勢が出場を予定している。

■米国男子「チャールズ・シュワブチャレンジ」(5月26〜29日、米テキサス州・コロニアルCC、賞金総額840万ドル=約10億9200円)

海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」明けとなる米国男子ツアーは、「マスターズ」など今季4勝を挙げているスコッティ・シェフラーと、同2勝のサム・バーンズ(いずれも米国)によるプレーオフにもつれ込み、バーンズが制した。これで今季ツアー3勝目、世界ランキングも自身最高位の9位にランクアップした。

シェフラーが2位、トータル8アンダーのブレンドン・トッド(米国)が単独3位に入った。トータル7アンダーの4位タイにトニー・フィナウ、デービス・ライリー、スコット・スターリングス(いずれも米国)、トータル5アンダーの7位タイに地元のジョーダン・スピース(米国)ら5人が入った。なお、松山英樹は出場していなかった。

今週は米国オハイオ州のミュアフィールド・ビレッジGCで「メモリアル・トーナメント」が開催。松山もエントリーしている。

■国内女子「リゾートトラストレディス」(5月26〜29日、山梨県・メイプルポイントゴルフクラブ、賞金総額=1億円)

悪天候の影響により、第2ラウンドのスタート時刻が予定より3時間30分遅れでスタート。最終組が午後5時5分にティオフで日没サスペンデッドになるなど、タフな予選ラウンドが行われた。

そんななか、小祝さくらが第3ラウンドで「64」をマーク。最終日も「71」とひとつ伸ばし、そのまま逃げ切って今季初優勝、ツアー通算7勝目を果たした。

全米女子オープンを控え、出場権をもつ国内シード選手は今大会をスキップしているが、唯一小祝だけ出場。メジャー大会に向けて最高の“手土産”をつかんだ。

トータル15アンダーの2位タイに菅沼菜々とサイ・ペイイン(台湾)。トータル14アンダーの4位には、昨年6月のプロテストに合格したルーキー・桑木志帆が入った。連覇を狙った勝みなみはトータル13アンダーの5位タイ、稲見萌寧はトータル8アンダーの21位タイだった。

今週は新潟県のヨネックスカントリークラブで「リシャール・ミル ヨネックスレディスゴルフトーナメント2022」が開催される。

■国内男子「〜全英への道〜ミズノオープン」(5月26〜29日、岡山県・JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部、賞金総額=8000万円)

日本有数のリンクスで行われた今大会。スコット・ビンセント(ジンバブエ)とアンソニー・クウェイル(オーストラリア)がトータル12アンダーで並び、プレーオフを制したビンセントが今季ツアー初優勝、ツアー通算3勝目を挙げた。

大会名にもある通り、成績上位4名には今年7月にセントアンドリュースで行われる海外メジャー「全英オープン」の出場権が与えられる。ビンセント、クウェイルに加え、3位のブラッド・ケネディ(オーストラリア)、4位のジャスティン・デロスサントス(フィリピン)が切符を獲得した。

最終日最終組でラウンドした片山晋呉は、最終日に「73」とスコアを落としてトータル7アンダー・6位タイ。石川遼は初日に「66」をマークして好発進を決めたが、トータル5アンダー・21位タイで4日間を終えた。

今週は茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブで今季初の国内メジャー大会「BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」が開催される。

■欧州男子「ダッチオープン」(5月26〜29日、オランダ・ベルナルデュス ゴルフ、賞金総額200万ドル=約2億4150万円)

オランダで行われた欧州男子ツアーはトータル13アンダーで並んだビクトル・ペレズ(フランス)とライアン・フォックス(ニュージーランド)によるプレーオフへ。4ホール目でバーディを奪ったペレズがフォックスを振り切り、ツアー2勝目を挙げた。

2位にフォックス、1打差の3位にアドリアン・メロンク(ポーランド)が入った。本大会は全英オープンの予選会を兼ねており、この3人が出場権を獲得した。

日本勢で唯一出場した川村昌弘は、トータル1オーバーの47位タイで大会を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>