焼肉好きの大学生プロ・平田憲聖が初ツアー選手権で2位発進!「実力以上のゴルフができた」

焼肉好きの大学生プロ・平田憲聖が初ツアー選手権で2位発進!「実力以上のゴルフができた」

大学生プロ・平田憲聖 自身もビックリの「66」で好発進(撮影:佐々木啓)

<BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ 初日◇2日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(茨城県)◇7387ヤード・パー71>

昨年12月にプロ転向し、今年はルーキーとしてツアーに初参戦している大阪学院大学4年の平田憲聖(ひらた・けんせい)が5バーディ・ボギーなしの「66」をマーク。トップと1打差の2位発進を決めた。JGTOホームページのプロフィール欄に、「爆発力があるタイプではないので、ボギーをあまり打たずに、我慢強くゴルフをする」と書いてある通りのゴルフを展開した。


「自分の実力以上のゴルフがきょうはできたと思います。全体的に良かったんですけど、4、5メートルのパーパットが決まってくれたので、リズム良く回れました。まさかこの順位で初日を終えられると思っていなかったので、ビックリいわしています」と大阪府出身の平田は関西弁まじりで話してくれた。

賞金ランキングトップの桂川有人は「79」で8オーバー・129位スタート。昨年アマチュアながら3位に入った杉原大河も「79」を叩いた。スコアを伸ばすことも、耐えることも簡単にさせてくれないのが宍戸ヒルズ。そんななか、ボギーフリーで18ホールを駆け抜けたのは、6アンダー・単独トップで初日を終えたJ・チョイ(米国)と5アンダー・2位の平田、そして。4アンダー・3位タイにつけた坂本雄介の3人だけだった。

「難しいコースで耐えるほうが本当の自分のゴルフだと思っているので、きょうもそれを徹底してプレーしたという感じです。ハウスキャディさんとセカンド地点で、どこからが上りのパットで、どっちに外したらアプローチは寄りにくいのかと考えていました」とスコアを落とさないマネジメントを徹底したことが、好プレーにつながった。

平田は昨年、「日本学生ゴルフ選手権」のタイトルを獲得。それでQTのサードから挑戦できる権利を得た。「アマチュア資格を失ってもサードから行けるチャンスは大きい」とプロ転向を決断。サードを突破すると、ファイナルQTで2位に入り、今年の前半戦の出場権を手にした。3年時までに卒業に必要な単位は取得しており、ツアープロになっても「大学は卒業します」と平田。ウェアは大学のユニフォームと同じオークリーと契約を結んで戦っている。

アマチュア世界No.1の中島啓太(日体大4年)や、古江彩佳、西村優菜、吉田優利、安田祐香らと同じ2000年度生まれのプラチナ世代。「(中島のことは)特に意識はしてないですけど、すごいなと思って見ています。世界で一番のアマチュアなので。同じ試合に出ていればもちろん負けられないとは思いますけど、そこまで強く思ってないですね」とあっさり。他人はあまり意識せずマイペースを貫く。

ツアープロ1年生ゆえに苦労もある。「移動とホテル生活が大変です。学生の頃は毎週試合が続くことはない。それが慣れていないところです」と話す。そんななかで心がけていることは「お肉を食べること。試合前はできるだけ焼肉にいきたい。ご飯は大盛り2杯。お肉だけなら無限にいけるんじゃないかと思います」と、肉で英気を養っている。ちなみにきのうも焼肉を食べたそうで、好きな部位は「ロース」とのこと。

今年の目標は「シード権獲得」。将来は「ファンの方を大事にする選手になりたい」という。小学生だった平田少年は石川遼とプレーできるチャンスがあり、「すごくやさしかったのを覚えています」。トーナメント観戦に訪れたときには「すごい球を打つ選手より、気さくに話しかけてくれたり、サインをいただける選手のほうが印象に残っている」のが理由だ。

「1年前はメジャーに出られると思っていなかった。それを考えると、このメジャーで戦えることを感謝しながら楽しんでプレーしたい」。難コースであす以降どんなプレーを見せるのか。「ドライバーが曲がらないことが強み」という平田に注目だ。あすは6時10分にトップでティオフを迎える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>