だから曲がらない! 古江彩佳のオンプレーンに乗せる『スライド』が上手すぎる【目澤&黒宮のスイング鑑定団】

だから曲がらない! 古江彩佳のオンプレーンに乗せる『スライド』が上手すぎる【目澤&黒宮のスイング鑑定団】

この動きがオンプレーンに乗せる!

新世代のツアープロコーチ、目澤秀憲と黒宮幹人。学年は1つ違いだが、ともに今年で30歳を迎える。目澤は河本結のコーチとして2019年のツアー初優勝に貢献。そして最近では松山英樹と契約して、大きなニュースとなった。また、黒宮は松田鈴英のスイングに安定感をもたらし、18、19年と2年連続のシード獲得をサポートした。世界最先端のスイング理論にも精通している目澤&黒宮に、20年に3勝を挙げた古江彩佳の「曲がらない」スイングを解説してもらおう。

____________________

黒宮 うまい!

目澤 うまいねぇ。

黒宮 びっくりするくらい頭の位置が動かない。ホントに無理してないですよね。自分の体力とか、自分ができることを知っているんだなと思います。半インチくらい短く握っている。フェースの開閉も多いわけじゃないし。最高です。何を言えばいいか…逆に難しいですね(笑)。

目澤 手の操作が本当に少ないし、グリップのかたちがきれいだね。左手がフックで右手がスクエア。肩甲骨が両方外旋したまま、左ヒジが内(体)に向いている。こういう構え方ができる女子は少ないです。もうちょっとヒジが外を向いてしまう子が多い。意外と体も強いんだと思います。

黒宮 これだけ頭が動かなかったら、最下点がズレないから、フェースの開閉が自然と安定してくるんですよ。だから曲がらないんでしょうね。

編集部 古江プロはクラブを低い位置から下ろしてきますよね。これだけフラットに振ることができるのはなぜですか?

黒宮 シャローに使えるのは、切り返しで少し左へのスライドが入ってクラブが寝てきて、それから回転に移るからです。この動きができるのは、女子ではなかなかいません。女子は身長も低くて体力もないので、逆にクラブが寝過ぎちゃうのが怖いんです。でも、古江さんの場合は、スライドして、回転して、胸の伸展運動をしながらインパクトに向かっていく。

切り返しの一コマ目がすさまじく上手い。これで、スッとシャフトをオンプレーンに乗せてこられるわけですね。笹生優花さんの場合だと一気にバッと回転していって、左にはあまりスライドしません。笹生さんは体が強いからできるんですけど。古江さんは無理なくオーソドックスにきれいに振っている。このスイングは完成形ですね(笑)。

【古江彩佳が曲がらない理由】
・半インチくらい短く握り、フェースの開閉が少ない
・スイング中に頭の位置が動かないから、クラブの最下点が安定する
・切り返しで左へスライドすることで、オンプレーンに乗せられる

■目澤秀憲
めざわ・ひでのり 1991年2月17日東京都生まれ。日本大学ゴルフ部出身。世界最先端のゴルフ理論に精通し、16年には日本に数名しかいない、TPI(Titlist Performance Institute)Level3 GOLF & JUNIORを取得。河本結・河本力の姉弟や、有村智恵のコーチを務める。そして今年から松山英樹と契約し、さらなる飛躍が期待される若手プロコーチの一人。FIVE ELEMENTS西麻布店のヘッドインストラクターとしてアマチュアへのレッスンも行っている。

■黒宮幹仁
くろみや・みきひと 1991年4月25日愛知県生まれ。日本大学ゴルフ部出身。12年の「日本学生ゴルフ選手権」では同学年の松山英樹に次いで2位となった。そのとき、ティショットの調子が悪くても対応してくる松山のすごさを目の当たりにして、インストラクターの道へ。現在は松田鈴英や梅山知広のコーチを務める。指導者となったいまも、ドライバーでは300ヤード以上の飛距離を誇る。黒宮ゴルフアカデミー主宰し、豊田市を中心にレッスン活動を行う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>