キャメロン・スミスが単独首位 ローリー・マキロイは3差9位T浮上

キャメロン・スミスが単独首位 ローリー・マキロイは3差9位T浮上

キャメロン・スミスは単独首位で週末に向かう(撮影:GettyImages)

<メモリアル・トーナメント 2日目◇3日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(オハイオ州)◇7533ヤード・パー72>

米国男子ツアー「メモリアル・トーナメント」は第2ラウンドが終了。今季2勝を挙げているキャメロン・スミス(オーストラリア)が4バーディ・1ボギーの「69」をマークし、トータル8アンダーの単独首位で、決勝ラウンドに進んだ。


1打差の2位タイに5月の「AT&Tバイロン・ネルソン」で大会連覇を遂げたイ・キョンフン(韓国)とデニー・マッカーシー(米国)。2打差の4位タイにビリー・ホーシェル、キャメロン・ヤング(いずれも米国)、ジョナサン・ベガス(ベネズエラ)ら5人が続いている。

ローリー・マキロイ(北アイルランド)がトータル5アンダーの9位タイに浮上。昨年覇者のパトリック・キャントレー(米国)はスコアを3つ伸ばして、トータル3アンダーの17位タイに順位を上げた。世界ランキング2位で20年大会覇者のジョン・ラーム(スペイン)はトータル2アンダーの24位タイにつけている。

コリン・モリカワ(米国)はトータル4オーバー、ブライソン・デシャンボー(米国)はトータル9オーバーでともに予選落ちとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>